新じゃがいもとじゃがいもとの違い!栄養面に違いはあるの?

今日、実家の母親から新じゃがいもが採れたと
たくさんもらったので、早速スチーマーで蒸して食べました!!
蒸して食べると新じゃがのしっとり感を存分に味わうことができ、
本当に幸せな気分になりました!

昔から、じゃがいもが大好きで
お米のかわりにじゃがいもを食べている時期があり、
幼い頃は、じゃがいもが主食の国に住もうと
夢見ていたなと思いだしました。

今日は新じゃがいもについて
説明したいと思います。

じゃがいもと新じゃがいもの違いは?

じゃがいもは元々冷涼な気候を好む作物なため
主な主産地は北海道となっています。
確かに、スーパーで見かけるじゃがいもは
北海道産が多いですよね。
4月から5月にかけて作付けをして
8月から10月にかけて収穫をします。
採れたじゃがいもは貯蔵して次の年の5月まで少しずつ出荷します。
ただ、日本は南北に長くて中央部に山岳地帯があるので
気象条件が緯度や高低差に応じて異なっているので
それを利用して比較的冷涼な時期に様々な地域で生産しています。
例えば、あたたかい長崎県だと年に2回春と秋に
じゃがいもを収穫することが出来ます。
さらにあたたかい鹿児島県だと冬に作るのが適しています。

一方で新じゃがいもですが、
正確な定義というものはありません
一般的に通常のじゃがいもよりも
新じゃがいもは早くに収穫されて、貯蔵せずに
収穫後すぐに出荷されたもの
を新じゃがいもと
呼んでいます。

先ほど、じゃがいもは涼しい気候を好むと言いましたが
その為、新じゃがいもの収穫時期は地域によって異なります。
九州の温かい地方から、春先から初夏にかけて
だんだんと北上していきます。
まるで桜のようですよね。
このことから、新じゃが前線とも呼ばれるそうですよ。
スーパーに並ぶ新じゃがいもの産地を見ながら
今どの辺りなのか地域の気候を考えるのも楽しくなりますよね!!

新じゃがいもの特徴とは?

新じゃがいもの特徴は
皮が薄く皮ごと食べられるのです。
水分を豊富に含んでいるのでねっとりしていて
豊かな風味を感じることができます。

新じゃがいもの栄養は?

じゃがいもは炭水化物のイメージが強いですよね。
ところが、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含む
野菜
としての一面も持ち合わせているのです。

そして、新じゃがいもには
ビタミンCが豊富に含まれているのです。
りんごの約8倍ほどのビタミンCだそうです。
驚きなのは、通常ビタミンCは水溶性で水に流れてしまいやすく
さらに、熱に弱いという性質があるのですが
じゃがいものビタミンCは、でんぷん質に包まれ
壊れにくくなっているのです!
つまり、熱にも強いので煮込んでも、焼いても、蒸しても
ビタミンCが取れるのです。
和食、洋食、中華などどんな料理にも合うじゃがいも。
美容にも良いビタミンCが豊富だなんて嬉しいですよね。

また、通常の野菜と同じように新じゃがいもは
皮と実の間に栄養が豊富に含まれています。
皮が薄く食べやすいので、ぜひ皮付きのまま食べてみてくださいね。
栄養たっぷり取れますよ!!

新じゃがいもの保存方法は?

新じゃがいもは、普通のじゃがいもに比べて
水分量が多いため日持ちがしません。
だいたい1週間から10日程は保存可能ですが
早めに食べるのがおすすめです。

気になる保存の仕方ですが
冷蔵庫で保存をすると、でんぷん質が糖質へ
変化してしまうために、味が落ちてしまいます。
常温で涼しく、日の当たらない場所で保存してくださいね。
日光や蛍光灯などの光に当ててしまうと
芽の部分や緑色になった皮の部分に有毒物質のソラニンが
増えやすくなります。
私の場合は、家にあった野菜用バスケットに入れて
薄手のブランケットを掛けて保存しています。
明かりに当たらなければ大丈夫!

また、りんごを一緒に入れて保存すると
りんごから発せられるガスが発芽を抑制してくれるそうです。

冷凍での保存は可能なの?

冷凍での保存は生のまま冷凍してしまうと
組織が崩れ、解凍した際に水分が抜けてフカフカになり
美味しくなくなってしまいます。
冷凍で保存したい場合は、一度完全に火を通して
つぶして、コロッケのたねの状態で冷凍をします。
食べるときは、コロッケにするのはもちろん
スープやマッシュポテト、一度温めて使用すれば
ポテトサラダにも使用できますよ!
単にスライスをして冷凍をするだけだと
やはりフカフカで美味しくないのでおすすめしません。

新じゃがいもの選び方は?おすすめの食べ方は?

普通のじゃがいもと同じように、傷やしわの無いきれいなもの
選びましょう。芽が出ているものや緑色になっているものは避けましょう。

じゃがいもの芽や、緑色をした皮の部分には
ソラニンやチャコニンなどの毒性の強い成分が含まれていて
一定の量を摂取すると、頭痛や腹痛、嘔吐などの症状を引き起こします。
幼い子供だと死亡する例もまれにあるそうです。
味も落ちますので選ぶ時には、注意してくださいね。

新じゃがいものおすすめの食べ方は
やはり、そのままの美味しさを味わえるので蒸して
お好きな調味料で食べるのがおすすめですが
普通のじゃがいもに比べて煮崩れしにくく
味もしみ込みやすいので煮物にするのもおすすめです!

先日私は、新じゃがいもを使用して
カレーを作りました。
新じゃがいもは水分が豊富でねっとりしているので
カレーのルーと良くからんでとても美味しい
カレーになりました!

まとめ

春先から出まわる新じゃがいもですが
桜と同じようにじゃがいも前線があったなんて驚きですよね。
皆さんも、新じゃがいもを食べながら
春の訪れを感じてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする