小児喘息とは?原因と症状・治療をご紹介

ここ最近夏日が続く日が多かったのが
梅雨の訪れを思わせるかのように雨が降り出してきましたね。

暑くなったり寒くなったりですので
体調管理が難しいですよね。

特に子供は洋服を着たり脱いだりを嫌がったりで
気を付けてないとすぐに風邪をひいてしまいますよね。

うちの息子くんは、風邪をひいてから
なかなか咳や鼻水が治らず
気付くと小児喘息と診断されるまでに・・・。

今日は、小児喘息について
お伝えしたいと思います。

小児喘息とは?

皆さんは小児喘息って知っていますか?
最近は、小児喘息を発症されるお子さんが増えているそうです。

喘息とは、息を吸ったり吐いたりした際に空気の通り道となる気管支が、
慢性的に炎症が続くのが喘息(気管支喘息)です。

喘息の人は、常に気道に炎症を起こしています。
炎症を起こした気道は狭くなり、空気などが通りにくい状態となります。
その為、炎症が軌道を狭めてゼイゼイや、ヒューヒューと言ったような
喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難の症状が起こります。

気管支喘息の60%~70%は2歳~3歳までに発症します。
子供の時に呼吸困難や喘鳴を繰り返す症状
「小児喘息」と定義しているそうです。

炎症を起こしている気道はとても敏感になっているために、
少しの刺激、例えばホコリやストレスなどでも
発作が起きてしまいます。

小児喘息の原因

ハウスダスト、ダニ、花粉といった生活環境の中の物質が原因となる
アレルギーによって喘息が起こることが多いといわれています。

どちらかの両親が気管支喘息だったり、アトピー性皮膚炎や花粉症などの
アレルギー体質であると、子供にもアレルギー体質が遺伝して
小児喘息が見られるケースが多いとされています。

アレルギーだけではなく、風邪やインフルエンザなどの気道感染ウイルスや、
たばこの煙、薬、ストレス、寒暖の差、夏場の花火大会の花火
などが原因で発症するタイプもあります。

喘息の症状とは?

小児喘息は、呼吸をするときに「ゼイゼイ」や「ヒューヒュー」と言ったような
苦しそうな症状を繰り返します。これは、狭くなった気管支を
息が通るときに出る音で呼吸困難のときにみられる症状なのです。

軽度の発作
呼吸をするときに「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」などの軽い喘鳴はするものの、
それほど呼吸困難にはならず、日常生活にはそれほど支障がでません。

中程度の発作
喘鳴がひどくなったり、呼吸が苦しい状態が続きます。
呼吸回数が多くなり、肩で息をするようになったりします。

大きな発作
呼吸困難に陥り、日常生活が難しくなります。
全身で呼吸をするようになります。
苦しくて眠れなくなります。

喘鳴は、昼間より夜間や明け方に多く起こるそうで、
昼間の症状は夜間や明け方に比べて比較的軽い場合が多いそうですが
うちの息子くんの場合は昼間のお昼寝中にゴホゴホ言い、
苦しそうになっていることが多く見られました。

息子がそうであったように、症状の出方は様々で、
特に初めての喘息発作は症状がわかりにくいため、
少しでも「おかしいかな?」と感じたら積極的に
医師に相談するようにしましょう。

小児喘息と診断をされるまで

私が息子の喘息を疑ったのは、
息子が1歳2ヶ月頃だったと思いますが
風邪をひいて、熱性けいれんを起こしました。
それから、熱は下がったものの鼻水や咳がずるずると続いていました。

わずかですがゼイゼイ聞こえるような気はしていました。
さらに、昼間のお昼寝中にゴホゴホ言いだし苦しむようになったため、
気管支炎などを疑うようになりました。

もともと私が幼い頃にも気管が弱かったので
息子も同じように気管が弱いのではと思いました。

早速、総合病院の小児科で診察してもらうことにしました。
診察の前に、看護師さんにどんな状況かを説明したところ
酸素濃度を測ってもらいました。

その時の数値から、喘息の可能性はないだろうとのこと。
その後の先生の診断も風邪の症状が残って
しまっているのではないかとのことでしたので
薬を処方してもらい様子をみることになりました。

しかし、いつまで経っても苦しそうな状態は治りませんでした。
ただ、風邪だと思っていたので今度は
いつもお世話になっている子供クリニックの先生のところで
診てもらうことにしました。

症状を伝えたところ、吸入器を使用して気管の拡張剤を
吸入することになりました。機械に気管を拡張をしてくれる薬を入れて
スイッチを押すと、もくもくと霧状のものが噴出されるので
それを5分間吸わせます。

5分後、息子くんのゼイゼイの音が聞こえなくなりました。
その為、しばらく自宅では飲み薬を処方され、
病院では吸入をすることで様子を見ることになりました。

しばらくそのような状況を続けていたところ
病院での吸入で症状が治まらなくなってしまい
自宅でも吸入器を使用することになりました。
これだけ治らないと、小児喘息だろうとのことでした。

息子が喘息と言われたことにショックを受けてしまい
それでも、違うのではないかという思いもあったので
再度、総合病院でも診てもらいました。

処方されている薬など、状況を説明したところ
小児喘息は診断するのは難しく、
クリニックの先生も処方しながら様子を
診ているのではないかとのことでした。

ただ、風邪では現在処方されている薬は効かないので
吸入をした際に症状が治まるのであれば
喘息の可能性が高いということでした。

こうして、息子くんの喘息を受け入れ(?)るようになりました。

もし、皆さんもお子さんの症状で気になることがあれば
早めに医師に相談してくださいね。

納得のいかないことがあれば
納得のいくまで先生に確認をしたり
別の病院で違う先生の見解を聞くのも良いでしょう。

小児喘息って治るの?

子供が小児喘息と診断されて治らないのでは?
と不安になるママも多いかと思いますが
約70%は思春期までに自然に良くなると言われています。

これは、治療をしなくてもいいというわけではなく
適切な治療をすれば、成長によるアレルギー体質の
改善とともに小児喘息もよくなるそうです。

小児喘息は根気よく治療を続けることが良いそうで
ママも大変かとは思いますが、しばらくは
お子さんの症状を良く観察して医師に症状を伝えましょう。

診察の際に必ず、ゼイゼイやヒューヒューという音が
きけるとは限らないので、どんな時に症状が出ているのか
寝ている時、朝方、走ったりした後など伝えられると良いですね。

喘息の治療

喘息の治療は、症状が起こらないように毎日行う治療 と
症状や発作が起きた時に行う治療 があります。
慢性的に気管に炎症が起きている為、継続的に治療を行います。

息子の場合は、気管支を拡げる薬と喘息の発作を
予防する薬を飲み薬と吸入器で吸入を行うよう処方されました。

吸入は小さなお子さんだと嫌がったりしてしまう
ことが多いと思います。

私の場合は、朝昼夜と吸入をしなければならなかったので
朝は、息子が起きる前に、昼はお昼寝の際に
夜は寝た後に吸入をさせました。

寝ていても効果は同じということで
嫌がる場合は、睡眠中にすると良いと看護師さんに教えられました。
眠りが浅い子供には音が大きくて無理かもしれませんが
うちの息子は起きませんでした。

まとめ

小児喘息は、根気よく治療することで通常の日常生活を送ることが
出来るようになります。実際に息子くんですが
治療を始めて3ヶ月程で吸入器を使用しなくても発作が見られなくなりました。

現在は、朝晩のアレルギーを抑える飲み薬のみを続けています。
小児喘息と診断を受けた際には、保育園の入園をあきらめたのですが
現在は元気に通うことができています。

皆さんも、もしお子さんが小児喘息と診断されてしまったら
通常の日常生活を送ることを目標に根気よく治療を続けてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする