切迫早産での入院 処置方法とメリット・デメリットは?

最近、妊娠中に切迫早産と
診断されるケースが増えているそうです。

実際に、私も切迫早産で入院を
しました。
驚きなことに後で友人と話すと
「私も」ということが多かったのです。

今回は、切迫早産の際の入院
についてお話します。

切迫早産とは?

通常の出産は37週~42週の
正期産と呼ばれる時期で
いつ出てきても赤ちゃんが十分に
育っている時期なのです。

その逆で22週~36週での出産は
まだ赤ちゃんの準備が整って
いない状態での出産となり
これを早産といいます。

切迫早産とは早産の一歩手前の
状態を言います。

切迫早産と診断されると
赤ちゃんが1日でも多くママのお腹に
いられるよう処置を受けることになります。

切迫早産での入院

切迫早産は子宮頚管の長さ、
子宮口の開き具合、胎児の
下がり具合、お腹の張りや
子宮収縮の頻度・程度などから
自宅での療養か、入院が必要かを
判断されます。

入院となった場合は、
トイレ以外の歩行禁止。
ベットの上で安静となり
24時間点滴の服用で治療を行います。

私の場合は妊娠32週で
子宮頚管が短くなってしまい
切迫早産と診断され入院となりました。

妊婦健診からそのまま入院となった為
何も用意をしておらず
家族に連絡をして急遽入院の
準備をしてもらうことになりました。

入院時のメリット

➀家事をやらず、だらだらとしていられる。
➁大部屋であった為、同じ切迫早産の患者さんとの
意見交換ができた。
➂心配なことはすぐに医師や看護師に聞けた。
➃高額療養費、医療保険の対象になる為
通院するよりお金がかからなかった。

入院時のデメリット

➀基本歩行禁止の為、体力が落ちること。
➁シャワーは3日に1回しかあびられない。
➂24時間ずっと点滴が辛いこと。

切迫早産で1ヶ月もの間入院を
しなければならないとなった時は
赤ちゃんのことが心配でした。

切迫早産という言葉を
それまで聞いたことが無かったので
どういう状況なのか不安で
赤ちゃんは無事なのかをすぐに
先生に確認をしました。

「赤ちゃんは大丈夫です。
でも、少し早く出てきてしまいそう
なので少しでも多くお腹にいられるように
入院をしましょう」
と言われました。

入院中は歩いてはいけないので
基本はベッドの上でだらだら過ごします。
シャワーや診察で部屋を開ける際は
看護師さんに車いすを押してもらって
いました。

看護師さんは普通のことと
思っているのかもしれませんが
私としては、足を負傷しているわけでは
ないのにと多少気を使いました。

病室は、大部屋で皆切迫早産で
入院をされている人たちでしたので
症状や不安に感じていることなどの
意見交換ができたことが
安心につながりました。

もし、切迫早産で入院をされる場合は
大部屋をおすすめします。
個室だと周りに気を使わずに済むかも
しれませんが、
切迫早産での入院は、ほとんどがベッドの
上での安静で、点滴にずっとつながれて
いる状態なのです。

妊娠中は少しのことで
ストレスを感じたり、悩んだりします。
そんな中で同じ症状の人と
励ましあえます。

デメリットであげた
シャワーが浴びられないや
点滴が辛いなど、皆同じ状況と
思うと、がんばらなくてはという
気になりました。

また、入院中は、医師が毎朝回診に
来てくれたので都度心配なことが聞けたり
何気ない会話を交わすことができたので
より信頼できるようになりました。

入院中の点滴はつらい

切迫早産での入院で最も辛かったのは
点滴でした。
ウテメリンという子宮収縮抑制剤を
点滴にて投与されることになったのです。

これは、子宮が収縮して赤ちゃんを
押し出そうとしているのを
子宮収縮を抑制させる作用があるものです。

切迫早産の際にはよく
使用されるそうですが
下記のような副作用が現れることが
あるそうです。

・手の震え
・めまい
・吐き気
・動悸

上記のような副作用がでたり
重症化すると横紋筋融解症による筋肉痛や脱力感、
血液中の異常、高血糖などの症状が
でることもあるそうです。

私の場合は、点滴を入れた日は
すぐに手の震えに気付きました。
そして、吐き気に襲われ
吐いたりしていたため
ごはんも食べられないということが
続きました。

その為、体重が2~3kg減ってしまいました。
最近はあまり体重を増やしてはいけないと
言われていても妊娠後期に体重が減ってしまう
というのは、赤ちゃんに良くないのでは
ないかと不安になりました。

不安に感じていると
看護師さんが
「体重が減っても、赤ちゃんは
育つから大丈夫よ」
と言ってくれたので安心しました。

これを聞いて
「食べなくても良いんだ」
と思わず、ごはんを食べられる人は
きちんと栄養があるものを
取ってあげましょうね!

それは、赤ちゃんの乳歯は
ママの妊娠中に作られるそうで
生まれた息子はなかなか歯がはえて
来なかったり、はえた歯は普通より
小さかったりして、この頃の栄養が
原因なのではと常に気にして
しまっているからです。

直接的な原因ではなかったとしても
後でこうしていたら
良かったと思わないようにしたら
後悔はないですからね!

一週間程点滴をすると
副作用にも慣れてきたのですが
血液検査の結果、肝臓の値が100を
超えてしまったそうで、
違う点滴に替えることになりました。

肝臓の値がこれほど高くなると
危険な状態だそうです。
私の場合は点滴を替えたところ
すぐに通常の値に戻りました。

切迫早産での入院費用は?

切迫早産での入院費用は
治療にかかる治療費、食事代、お部屋代の
3つがかかります。

私の場合は個室と大部屋と選べましたが
入院期間が1ヶ月程となる見込みでしたので
大部屋を選択しました。

病院によってお部屋の金額は
様々だと思いますが、
私の入院した病院では
大部屋が一日300円
個室は6000円~15000円
でした。
その他、ごはん代が一食300円
かかりました。

妊娠中の医療費は全額自己負担と
思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。
切迫早産に関しては、健康保険の対象と
なっているので3割負担となります。

また、入院をすることにより
月額の医療費の支払いが高額となった際には
高額療養制度の対象になります。

※世帯年収により対象額は違います。

この制度は窓口で医療費が後から
還付されるのですが、限度額適用認定を受ければ、
医療費を支払う時点で自己負担限度額までと
することができる制度です。

病院でも言われるかと思いますが
退院の前に健康保険協会へ
限度額適用認定を受けておくと
窓口で高額な金額を払わなくて済みます。

また、入院給付金が付いた
生命保険に加入をしている場合も
対象になります。
私の場合は日額5000円でしたが
入院費用で支払った分はほぼ戻って
きました。
もっと、高い保険に入っている方は
入院費用以上になるかもしれないですね。



まとめ

切迫早産で入院した時は
いろいろ悩むことも多いかと思いますが
せっかく赤ちゃんと
ゆっくり過ごせるいい機会ですので
生まれた時のことなど
沢山赤ちゃんのことを考えて
安静にしてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする