小児喘息の原因・薬と対処方法・いつまで治療は続くの?

こんにちは。
皆さんは小児喘息って知ってますか?
聞いたことはあると思いますが
いざ、自分の子供が小児喘息と
言われたらビックリしてしまいますよね。

最近では生活環境などで
アレルギーを持つ患者さんが増えて
小児喘息と診断される子供が
増えているそうです。

実際に息子くんも
小児喘息と診断されました。

今日は小児喘息について
お話したいと思います。

小児喘息とは

喘息とは、息を吸ったり吐いたり
した時に空気の通り道となる
気管支が慢性的に炎症が起こり
呼吸困難の発作を繰り返すのが
喘息(気管支喘息)です。

喘息の人は、常に気道に
炎症を起こしています。
炎症を起こした気道は狭くなり、
空気などが通りにくい状態となります。

その為、炎症が軌道を狭めてゼイゼイや、
ヒューヒューと言ったような
喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難の
症状が起こります。

気管支喘息の60%~70%は
2歳~3歳までに発症します。

子供の時に呼吸困難や
喘鳴を繰り返す症状を
「小児喘息」
と定義して
いるそうです。

炎症を起こしている気道は
とても敏感になっているために、
少しの刺激、例えばホコリや
ストレスなどでも
発作が起きてしまいます。



小児喘息の原因

小児喘息の発症は90%が
「アトピー型」と言って
アレルギーが原因と
されています。

ハウスダスト、ダニ、花粉、
ペットのフケといった生活環境の中
の物質が原因となるアレルギーで
喘息の発作が起こることが
多いといわれています。

どちらかの両親が気管支喘息だったり、
アトピー性皮膚炎や花粉症などの
アレルギー体質であると、
子供にもアレルギー体質が遺伝して
小児喘息となるケースが
多く見られているそうです。

また、「非アトピー型」という
アレルギーだけではなく、
風邪やインフルエンザなどの
気道感染ウイルスや、
たばこの煙、薬、ストレス、
寒暖の差、夏場の花火大会の花火
などが原因で発症することもあります。

喘息の治療方法

環境の整備
ホコリやダニなどの気管支の刺激
になるものは避けます。

布団やぬいぐるみなどはこまめに洗濯
をしましょう。
花粉の多い時期は、部屋干しを
すると良いですね。

床は、絨毯よりフローリングが
おすすめです。
幼いうちは
子供用のマットなどを
しいてあげると安心ですね。

薬剤による治療
小児喘息の子供の気道は
慢性的な炎症を起こしている
状態です。発作が出ていないときでも
毎日「抗アレルギー薬」や
「吸入ステロイド薬」などを
使用して少しずつ炎症を改善します。

また、発作が現れた時には
気管支の拡張薬や内服液を使用します。
テープで貼るタイプの薬もあります。

息子の場合は、気管支を拡げる薬と
発作を予防する薬を
飲み薬と吸入器で吸入を行うよう処方されました。

飲み薬は、プランルカスト
という粉薬です。朝・晩の
食後に飲ませます。
これは、気管支喘息を予防する
薬で抗アレルギー薬だそうです。

子供はなかなか薬を
飲んでくれないですよね。
息子くんは普段ヨーグルトと混ぜて
飲んでいます。

通常は嫌がらずに飲んでいますが
風邪などを引くと嫌がるため
その時は、アイスやプリンなどで
飲ませるようにしています。

吸入は、ネブライザーを使用しています。
薬剤をネブライザーに入れて
霧状にして吸入します。

吸入に使用した薬は
3種類でした。
下記は実際使用した薬になります。

・ステリ・ネブ・クロモリン吸入液1% 2ml
気管支喘息を予防する薬です。
一日一回お昼の吸入に使用します。

・パルミコート吸入液0.25mg 2ml
気管支喘息を予防する薬です。
一日二回 朝・夕の吸入の際に使用します。

・メプチン吸入液ユニット0.3ml 0.01%
気管支を拡げて呼吸を楽にする薬です。
一日三回2滴 朝・昼・夕の吸入に使用します。
使用時はクロモリン・パルミコートと一緒に
ネブライザーに入れます。

ネブライザーは、1回に5分間吸入します。
幼いうちは吸入を嫌がったり
することが多いと思います。

私の場合は、朝昼夜と吸入をしなければ
ならなかったので朝は、息子が起きる前に、
昼はお昼寝の際に、夜は寝た後に
吸入をさせました。

吸入と吸入の間は必ず4時間は開ける
ということで朝・昼・夜と
寝る時間を調整させたり
様子をみながら
吸入させました。

看護師さんから、寝ていても
効果は同じということで
嫌がる場合は、睡眠中にすると
良いとアドバイスを受けました。

眠りが浅い子供には音が大きくて
無理かもしれませんが
うちの息子は起きず
ストレスなく吸入
させることができました。

発作が起きたときの対処法

◆子供の様子を観察します。
機嫌はどうか、顔色は悪くないか、
姿勢や、痰の絡まり方などをみます。

◆寝かせるより、座らせます。
クッションや枕などで、
支えてあげるようにすると良いでしょう。

◆ゆっくり深く呼吸をします。
衣服をゆるめ、腹式呼吸でゆっくりと
深呼吸を何度かさせます。
小さな子は難しいので、背中や腰を
さすり安心させて、呼吸を整えます。

◆少しづつ、水分をとらせます。
咳き込んで吐いたりすることもありますが、
嘔吐と一緒にタンが出て、
後の呼吸が楽になる場合もあります。

◆気管支拡張剤の吸入を行います。
ゼイゼイして呼吸が苦しそうな時は
医師から処方されている
気管支拡張剤を使用します。

まとめ

小児喘息の70%は思春期
までに自然と良くなる
と言われている
そうです。

これは治療をしなくても治る
というわけではなく、
適切な治療をすることにより
成長とともにアレルギー体質が改善され
小児喘息も良くなる
そうです。

小児喘息は長期的な
治療が必要となりますが
根気よく続けることで
困難なく日常の生活を送ること
ができるようになるのです。

実際に、息子くんですが
吸入を続けて3ヶ月程で
朝晩の飲み薬のみの治療となり
諦めていた保育園への入園を
することができました。

小児喘息と言われて
治療が長引くといつまで
続くのか不安になりますが
根気強く治療を続けてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする