熱性けいれんの対処方法とは


熱性けいれんと言う言葉を聞いたことがありますか?

私は息子が発症するまで
聞いたことが無く、
初めて症状を見たときは
ビックリしてしまいました。

今回は熱性けいれんについて
お話したいと思います。

熱性けいれんとは

熱性けいれんとは、生後6か月から
5歳ごろの小児が38℃以上の発熱時に
起こるけいれんを熱性けいれんといいます。

日本では、7~10%前後の割合で
起こるとされています。

熱性けいれんの原因は

熱性けいれんの原因は、子供の脳が
未熟なために、高熱によるストレスに
脳内になんらかのトラブルが発生して
起こると考えられています。

しかしながら、はっきりした
原因が分かっていないのが現状です。

また、パパやママ兄弟姉妹など
近い身内で熱性けいれんの経験が
あると発症率が高まると言われていますが
必ずしも発症するわけではありません。

熱性けいれんの症状は

発熱してから24時間以内に、
手や足が硬直してガクガクと
けいれんを起こし、2~3分ほど意識を失う
のが熱性けいれんの典型的な症状です。

白目をむいて泡を吹いたり、
皮膚などが青紫色になるチアノーゼを
起こしたりすることもあります。

熱性けいれんを引き起こすのは
ほとんどが1回きり
ですが、
10人に3人程度が2回起こり
さらにその中の1%程が何度も
繰り返すこともあるそうです。

実際に息子くんが発症したのは
1歳2ヶ月頃のことでした。
風邪で高熱が出て、なかなか
汗をかかなかったので
熱を出しきるまで冷やしたりは
していませんでした。

息子の様子を見ていると
いきなり発狂したように
キャーというような奇声を上げ
その後ヒックヒックとけいれん
が始まりました。

1~2分程でけいれんは
治まったものの白目を
向いてしまいとても
心配になりました。

熱性けいれんを発症した際の対処法

熱性けいれんの症状は5分以内
に治まるケースがほとんどです。

数分で治まるけいれんの場合、
脳に後遺症を残したり、
命の危険があったりすることは
少ないと言われているため
落ち着いて下記の対応をしましょう。

➀けいれんの様子(左右差)や持続時間、体温を確認する
➁衣服(首まわりなど)をゆるめる
➂平らなところに寝かせる
➃嘔吐の場合は、顔を左に向けて吐いた
物が詰まらないようにして
口や鼻の周りの吐物を拭き取る

また、けいれんの発生時には
大声で名前を呼んだり、
身体を揺すったりしてはいけません。
刺激して、けいれんが長引く
場合があるそうです。

舌を噛まないように口の中に物を
入れてもいけません。
熱性けいれんで舌を噛むことは
基本的にはありません。
噛む力が強いため、かえって
口の中を傷つけてしまいます。

息子が熱性けいれんをおこしたとき

私の場合は、息子が訳も分からず
けいれんを起こし、白目を向いて
しまった為に、パニックになり
すぐに救急車を呼んでしまいました。

このときにやってはいけないと
される大きな声で名前を呼んだり
体をゆすったりしてしまっていました・・・

救急隊員の方たちが
到着するのはとても早く
連絡してから4~5分程で
来てくれました。

息子の症状や様子などを
話すと、恐らく熱性けいれん
ではないかとのこと。

救急車の中で病院の
受け入れ先を確認して
病院まで向かいました。

時間にして10分程だったと
思いますが、息子が心配で
病院までがものすごく
遠く感じました。

病院では夜間であったにも関わらず
小児科の先生がいてくれて
対応をしてくれました。

先生に状況や症状などを
説明したところ
熱性けいれんでしょうとのこと。

熱性けいれんの再発は
それ程多くはなく、
高熱が出たときに発症をするが、
座薬を入れて熱を下げたからと
言って予防になるわけではない
と教えられました。

両親や近親者に発症している人は
いないかと聞かれましたが
私もパパも発症したことは
ありませんでした。

その日は、1時間ちょっと
様子を見て何もなく
息子も落ち着いてきたため
そのまま帰ることになりました。

後日かかりつけの小児科でも
再度受診してもらうという
ことになりました。

かかりつけの小児科でも
熱性けいれんでしょう
とのことでした。

熱性けいれんは、
一番最初は救急車を呼ぶ
パパ・ママが多いそうです。

けいれんしている時間は
数分程度ですぐに治まり
危険なものではない
そうです。

その為、慌てずによくお子さんの
様子を観察してくださいとのこと。

けいれんが治まれば
時間内であれば診察に行き、
時間外であれば後日病院で
受診をしてくださいと
のことでした。

念のため予防接種は
何が原因か分からないので
3ヶ月は受けないように
言われました。

もし熱性けいれんを起こし
インフルエンザなどの
注射をしたいという場合は
注意が必要です!

かかりつけの医師に
相談のうえ接種しましょうね!

まとめ

熱性けいれんを間近で見ると
びっくりしてしまいますよね。

通常の場合は怖いものではないので
よくお子さんの様子を
医師に伝えられるように
観察してあげてくださいね。

もし5分以上もけいれんが続き
苦しそうな場合は時間外でも
すぐに病院を受診してください。

熱性けいれんを起こした
息子くんですが
半年経ちましたが
再度けいれんを起こすことも、
後遺症もなく元気にしています。

ただ熱が出たときは
よく息子の様子を見ながら
注意をしています。

皆さんも、熱性けいれんが
起きたからと言って
慌てず、お子さんの様子を
見守って適切な処置を
してあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする