出産はどこでしたらいい?産院選びのポイントをご紹介。

妊娠したら大事になるのがどこの病院で産むかですよね。

妊娠して病院に通うまで分娩は産婦人科のある病院ならどこでもできる!
と思っていましたが病院によってそれぞれ特色など様々でした。

今日は、産院選びの
ポイントについてお話したいと
思います。

病院はどんな病院があるの?

産院選びのポイントで大事なのは
どんな施設があるのか、
その特色を押さえておきましょう!

出産が出来る病院として主に3つの施設が可能です。

  • 大学病院・総合病院
  • 産科・産婦人科専門の個人病院や医院
  • 助産院

大学病院・総合病院

産婦人科以外の診療科が揃っている病院です。
医師が多く、医療設備が整っているのが特徴です。

小児科や内科も併設されているため、
分娩時の緊急事態の際、迅速な処置を受ける
ことができますし、生まれた赤ちゃんに
何かあったとしても、
NICU(新生児集中治療室)
などの環境も整っている為
ママにとっても、赤ちゃんに
とっても安心感はあります。

ただ、医師が多いので、
毎回同じ先生に診てもらうことが
難しいことがあります。

患者さんも多いので、診察の待ち時間が長く
診察時間が短いということもあるようです。

また、研修機関を
兼ねていたりするので、
診察や分娩に学生や研修生が
立ち会うケースも度々みられます。

産科・産婦人科専門の個人病院や医院

産科・婦人科に限定した病院です。
医師の人数、設備は病院・医院に
よって様々ですが、総合病院ほど
ではないところが多いようです。

医師や看護師の数が少ないため、
健診から、出産まで同じ医師が
担当することが多い
ようです。

看護師とのコミュニケーションも
取りやすいので、産後ちょっとした
心配事を相談しやすいというメリット
もあります

院内で、母親学級、エステや
マタニティービクスなどを行って
いたりするので、ここで産みたい!
というママが多いのも事実
です。

合併症や分娩時の万一などリスクを
ともなう妊娠・出産の場合、
産科以外の医療処置が必要となるため、
提携している総合病院へ
転院せざるを得ない場合があります。

実際に、私の友人の何人かは
人気のクリニックで出産を希望していたものの
子宮筋腫が見つかったり妊娠高血圧症になったりで
総合病院に移らざるを得なくなったりしていました。

助産院

助産師の資格を持つ人が、
入院・分娩の施設を持って
開業
しているのが助産院です。

自然分娩を主とし、自分らしいお産方法を
選ぶことができます。

陣痛からずっと付き添って
もらっての出産に臨めます。

ただ医師がいないので、
医療行為が全くできないため
切開や縫合も行えません

助産院で出産するには、
リスクのない妊娠・出産状態で
あることが条件となります。

分娩時に何かあった場合
医療行為ができないため、
総合病院や産院との提携が
あるかを確認しておくと
良いですね。

産院選びのポイント


出産する為にどんな施設があるか
知ったら自分に合ったポイントも
見てみましょう!!

自分のリスクを考慮しましょう

出産のリスクは早い段階で
産院の先生から説明があり
総合病院などを紹介
して
もらえます。

もし、私の友人のように
筋腫があったり、妊娠高血圧など
の症状がある場合などは
ママの体も心配なので
大学病院や、総合病院など
緊急事態にも対応してもらえる
病院の方が安心
ですね。

持病などがあっても個人の産院で出産したい
というママさんは一度、大学病院や総合病院で
診察を受けて、医師に相談すると良いでしょう。

自宅からの距離を考える

健診の度に通うことになるので
あまり自宅から遠い場所を選ぶと、
検診に行くのが辛くなってしまいます。

妊娠初期の場合は
4週間に1度の健診ですが
中期に入ると
2週間に1度になり
臨月に入ると
1週間に1度病院に
行かないとなりません。

つわりで辛い時期や妊娠後期のお腹が大きく
なってからの遠出は大変
です。

必ず一番近い病院でということは
ありませんが、陣痛が始まって
病院に駆けつけることを
考えると、30分以内位が
理想ですが、1時間以内程で
あれば良いでしょう!

分娩方法はどうか

出産の際にはいろいろな
分娩方法があります。

普通分娩や無痛分娩、
フリースタイル分娩など
様々な分娩方法があるなか
産院によっては取り入れて
いたり、そうではなかったり。

出産は富士山に登って帰ってくる程の体力を
使うと言われている位(本当かな?と少し思いますが)
ですので、自分に合ったスタイルで我が子を産みたいですよね。

自分に合ったスタイルでの
出産が可能かどうかを
考えるのもポイントです!

出産費用はどうか

出産をする産院によって金額は大きく違います。

出産育児一時金で十分という産院もあれば
それ以上かかるという産院もあります

お部屋代や、土日など
休日に出産した場合などは
加算されたりします。

最近は、病院のホームページで
ある程度把握することが
出来ますが、不明な点は
病院へ問い合わせると
良いでしょう。

母児同室か別室か

待ち望んでいた赤ちゃんが
生まれたら、入院中も同じ部屋で
過ごしたいと思うママは
多いと思います。

特に初めての出産の場合には
そんな風に思い、母児同室の
産院を選ぶポイントになるかと思います。

母児同室のメリットは
早くに赤ちゃんのお世話に
慣れることができることや
母乳育児にこだわるママには
赤ちゃんのタイミングで
母乳をあげられる
ので
早くに母乳が安定するという
メリットがあります。

ただ、出産は富士山登山程大変なもの。

お産が軽く済めば良いのですが
特に初産の場合には、会陰切開を
したり、しなくても避けてしまう
ことが少なくありません。

退院すれば、赤ちゃんのお世話で
なかなか休めません

入院中は、出来ればゆっくり
体を休めてあげたいもの
ですよね。

私が長男出産時の産院は
半々でした。昼間は赤ちゃんと
一緒に過ごし、夜は新生児室で
赤ちゃんを預かってもらう
という形でした。

出産前は赤ちゃんと一緒にいたい
という思いが強かったのですが
出産後の体の辛さを考えると
半々であれば、赤ちゃんのお世話も
慣れるし、夜はゆっくり休むことが
出来て良かったなと思いました。

病院によって母児同室か
どうかは様々ですので
確認をすると良いでしょう。

母乳育児体制かミルクか

病院によっては、完全母乳体制
であったり、ミルクとの混合で
指導をうけたり様々
です。

母乳育児を推進している
病院であると、生まれた直後から
赤ちゃんへ母乳をあげたり
マッサージの指導や授乳の際の抱き方
などしっかり指導してくれます。

私の場合は、ミルクとの
混合指導でした。
もちろん、マッサージの方法や
抱き方などの指導も受けました。

ただ、産んだら母乳が出るわけでは
ありません。もちろん、
出る人もいます。

母乳が出ても赤ちゃんが
なかなか吸ってくれないこともあります。

私の場合は、はじめから
出たわけではなかったので
半々で少しずつ慣らして
いけたので良かったです。

まとめ

私が、長男出産時に
産院を選んだのは総合病院でした。

初めは近所のクリニックを
受診したのですが、分娩は
行っていない病院でしたので
分娩が出来る病院を考えたところ
通っていたクリニックとの
提携があった総合病院で
産むことを決めました。

そうすることで、
妊娠30週(8ヶ月)くらい
までは近所のクリニックで
妊婦健診に通うことができました。

やはり、総合病院ですと
待ち時間が長くなるため
妊娠初期のつわりの
辛い時期をすごさなければ
ならないということは
避けることができました。

また出産の際には
私自身も総合病院でしたので
安心して出産に挑むことが
でき、元気な赤ちゃんに
出会えることができました。

もし、今産院を迷っている
あなたも自分に合った病院が
見つかり、元気な赤ちゃんに
出会えるといいですね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする