子供の誤飲の対処方法

先日、パパが息子の
おむつを替えていると
絶叫して私のことを
呼んでいるので、
何事かと思い行ってみると
息子のおむつの中に
鉄のような金属のかたまりが・・・

何かを飲み込んで
いたようでした。
すんなり出てきてくれたので
大事には至らなかったのですが
考えると恐ろしくなりました。

今日は、子供の誤飲について
お話したいと思います。

子供の誤飲いつから注意?

好奇心が旺盛な赤ちゃんは
手でものを掴むことが
出来るようになると、
口に入れて試してみたく
なるようです。

だいたい5ヶ月頃から
5歳くらいまでは注意が必要です。

5ヶ月頃からは、物を掴む力も
強くなり、腰などもしっかり
して、だんだんとお座りが出来る
ようになってくると、視野が広がり
様々なものに興味を持つように
なり、何でも口に入れてみたく
なります。

7ヶ月頃から8ヶ月頃になると
ずりばいやハイハイが始まり
これまで以上に行動範囲が
広がり、誤飲による事故が
増えてきます。

6ヶ月健診頃には
保健師さんからも誤飲の
事故に注意するよう
指導を受けるかと思います。

実際に、長男が6ヶ月位に
なると、それまでとは行動範囲が
変わり今までは手の届く範囲を
注意すれば良かったものも
遠くに置いたはずの
本や、ティッシュボックスを
見つけては口の中に入れて
食べていたなんてことが
よくありました。

歯が生え始めて
むずがゆくもなるのか
赤ちゃん用のマットを
かみかみすることも
多かったです。

1歳位になると何でも口に
入れるということは
少なくなりますが
外で歩くようになり今度は
砂や草花、石などが珍しく
感じるようで、それらを
口に入れようとしていました。

私の友人の子供が
1歳位の時に
ねじのようなものを
口に入れていたので
びっくりして病院を受診
したときに医師に言われたのは
この年齢位の時には
よくあると言われたそうです。

特に多いのは石を食べて
受診することが多いと
言われたそうです。

子供が誤飲した時の対処方法

子供が誤飲をしたときは
どのように対処したら良いのか
慌ててしまいますよね。

誤飲したものによって
対処方法は違います。

子供の誤飲に多いものを
ピックアップしましたので
その対処方法を説明しますね。



■ティッシュ・紙
赤ちゃんは何故かティッシュや
紙が大好きですよね!

もし誤飲してしまったとしても、
便と一緒に排泄されるので
問題はありません

ただ、量が多い場合は、
お腹を壊したり、
吐いてしまうこともあるので
お子さんの状態を見て
症状がひどい場合には、
病院に連れていきましょう。

■医薬品・医薬部外品
厚生労働省の2013年の
報告書によると薬の誤飲が
タバコの誤飲を抜いて1位に
なったそうです。

大人が飲んでいるのを見て
食べ物と思い誤飲してしまう
ことがあるようです。

もし、薬を誤飲してしまったら
薬により危険度は違いますが、
まずはのどの奥を刺激して、
吐かせるようにします。

吐かない場合は水や牛乳を
飲ませて、飲んだ薬を
持って病院を受診しましょう。

とくに精神安定剤、降圧剤、
強心剤などは赤ちゃんには
危険なものです。

かぜ薬も、含まれている成分
によっては低体温や、肝臓
などの臓器に 傷害を起こす
ことがあります。

すぐにかかりつけ医に
相談できる環境に
しておくと良いですね。

■たばこ
最近では禁煙の風潮が
主流になってきたとは言え
今でもタバコの誤飲が多いのは
事実だそうです。

たばこを吸う家庭では
注意が必要ですが、
吸わない家庭でも
落ちているタバコを
食べてしまったという
ケースで病院を受診される
こともあるようです。

2cm以上飲み込んでしまった
時は、すぐに病院を受診して
ください。

2cm未満であれば、お家で
様子をみましょう。

応急処置方法は、口の中の
タバコの葉を取り除いて、
吐かせます。

消化管中で吸収されないように、
水や牛乳は飲ませない
よう
にします。

2cm未満であっても
顔色が悪くなったり
吐いたりした場合は、
すぐに医療機関を受診しましょう。

ニコチンが吸収されると、
30分ほどで嘔吐や腹痛、
めまいを訴え、けいれんを
起こしたりします。

その際は、どの程度の量を
食べたり飲んだりしたか、
どのくらいの時間が
経過しているかを医師に
伝えられるようにしましょう。

■電池
危険度が高いのがボタン電池です。
電池は小さくて飲み込んでしまい
やすいので、小さなお子さんは
特に注意が必要です。

アルカリ電池は食道や胃に穴を
空けてしまうこともあります。

また、リチウム電池は30分程
の短時間で、消化管の壁に潰瘍
を作ってしまうこともあります。
特にリチウム電池は電流が流れる
恐れがあり危険度は高いです。

何も飲ませず吐かせずに、
すぐに病院を受診
しましょう。

その際にどんな電池だったのかを
医師に説明できると良いですね。
同じ電池があれば持って行って
説明ができると良いですね。

■画鋲などの尖ったもの
尖ったものは、のどに引っか
かったり、飲み込んだ場合は、
食道や胃粘膜を傷つけてしまう
ことがあります。

もし、飲み込んだかもしれない
ときは、まず口の中をのぞき
取れそうな位置にあれば、
指でつまみ出してもよいのですが、
あまりに奥に入っていると、
対処をするのは難しいです。

急いで病院を受診するか、
出血したりしている場合は
救急車を呼んで処置
をしましょう。

■お金(コイン)
お金を誤飲してしまった場合には、
のどに詰まっていたら吐かせるか、
指でつまんで取り除いてあげます。

飲み込んでしまっている場合、
たいていは便と一緒に出てきますが、
食道で止まってしまうこともあります。

2、3日経過しても出ない時は、
病院を受診しましょう。

その他少量であれば問題ないもの
■クレヨン
■石鹸
■シャンプー
■絵具
■砂・土
■シャボン玉

※ただし、顔色が悪くなったり
ぐったりしているなど症状が
変わった場合は医療機関を
受診しましょう。

実際に息子くんが1歳に
なるくらいまで、お風呂に入れて
体などを洗ってあげていると
よく石鹸の泡をなめてしまったりは
良くありました。

あまり問題はないということで
安心しました。



まとめ

なんでも口に入れてしまう時期は
ママもとても心配ですよね。

私自身とても悩みました。
特に喘息もあった息子くん
でしたので、家の中のほこり
を食べたりしていた時は
とても悩みました。

かかりつけの小児科で
先生に相談したところ
この時期はよくあることだし
ほこりを食べたから喘息が
発症したとは言えないと
言われました。

息子くんと同じ位のママさん
と話をすると、やはり
何でも口にしてしまうと
聞いて、息子くんだけでは
無いんだと少し安心しました。

同じように悩んでいる
ママが多いと思います。

出来るだけ、誤飲をしないような
環境作りをしてあげることが
一番ですが、兄弟がいたりすると
難しかったりしますよね。

危険が大きいタバコや薬などは
お子さんの手の届かない
場所に保管しておきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする