赤ちゃんの便秘 見分け方と家で出来る対処方法と病院での受診

次男を出産してから2ヶ月。
長男出産の時に比べると、手がかからず!?
育児に慣れたからなのか
手を抜いているのか、次男が
なんて良い子なんだと感じている日々です。
まだまだこれからですかね。

ただ一つ困ったことはうんちが
なかなか出ないということ!!
5日も出ないことが多々あります。

長男の時は、女の子のママ達が
便秘で困っているという話をよく
聞いていたので、女の子ママは
大変だなと感じていましたが、
男の子でも便秘をします!!

男の子、女の子関係無く赤ちゃんは
便秘をしやすいのだそうです。

今日は、赤ちゃんの便秘について
お話をしたいと思います。

赤ちゃんの便秘の見分け方

赤ちゃん訪問でも、お母さんが助産師さんに
聞かれる質問でも圧倒的に多いのが便秘についてだそうです。

赤ちゃんによって、排便の回数や量だけでは
便秘の判断は出来ません。

それぞれ、成長や体質に個人差があるように
排便の間隔にも個人差があるのです。

おむつの交換の度にうんちをする子もいれば
一日に一回、二日に一回のペースの子もいるのです。

二日に一回の排便であっても毎回毎回
同じペースで出ているのであれば
便秘ではありません。

では、どこからが便秘なのか確認してみましょう。

赤ちゃんの様子を確認してみましょう

【機嫌が悪い】
便秘の時は不快感があり、お腹が張り
赤ちゃんの機嫌が悪くなります。
病気でもないのにむずかり機嫌が悪い
状態が多かったり、苦しそうにしている時は
便秘の可能性があります。

【食欲がない】
うんちが出ずに、お腹に溜まったままだと、
不快感や膨満感を感じるため食欲がなくなる
ことがあります。
食事量が減少することにより
便秘を悪化させる場合もあるので注意しましょう。

赤ちゃんの状態はどうなのか確認しましょう

【うんちの量・回数】
赤ちゃんが飲むミルクの量などによって
排便回数やうんちの量は異なります。
赤ちゃんが苦しそうにしていなければ
あまり問題はありません。

排便回数については体質によることが大きく、
1日に5回、6回とうんちをする子もいますし
2日、3日に1回という子もいるのです。

うんちの度に苦しそうな様子がなければ
次のうんちまでの時間があいても問題はないのですが
毎日うんちをしていたのに急に出なくなってしまった場合や、
一週間程度うんちが出ない場合は便秘が疑われるので
適切な処置をしましょう。

【うんちの硬さ】
母乳やミルク、離乳食という食事内容や、
赤ちゃんの腸の成長によって便の硬さは変わります。

この硬さであると便秘という基準はありません。
赤ちゃんがスムーズに排泄できているのかを確認しましょう。

排便時に痛がったり、肛門が切れてしまう場合は便秘といえます。

【お腹の張り】
お腹を触った時にかたく、ぱんぱんに張っている場合、
便秘の可能性が高いです。

お腹の張りにより機嫌が悪くなったり
食欲不振を起こすこともあるので注意しましょう。

【嘔吐】
うんちが出ないまま、赤ちゃんがミルクを
戻してしまっていたら便秘が悪化している状態です。

大量に戻していたりすると病気の可能性もあるので、
病院を受信しましょう。



便秘の際の対処方法

赤ちゃんが便秘で苦しんでいるときに
どのようにしたら良いのでしょうか。
お家でも出来る対処方法をご紹介します。

〝の”の字マッサージ
赤ちゃんは腸の働きが弱いために便秘になりやすいので、
マッサージをすることで、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)
を促すことが出来るために、便秘解消が望めます。

おへそを中心に時計回りに手のひら全体で
“の”の字を書くようにおなかをマッサージします。

足の前後運動
赤ちゃんは一日のほとんどを寝て過ごすので
運動不足による便秘になりがちです。

自転車をこぐように足を前後に動かして
運動をしてあげます。
この際に股関節脱臼につながらないように
足を持ち上げて強く引っ張らないように
注意しましょう。

おしりの刺激
肛門をやさしく刺激します。
これで排便につながる子もいれば
つながらない子もいます。

その際は、綿棒で直接刺激します。

◆綿棒浣腸
生後半年位までは、綿棒による刺激で良いでしょう。
1)綿棒の先に、オリーブオイルやベビーオイルなどの
潤滑油をつけます。

2)肛門に浅く(綿の白い部分が隠れるくらい)差し込んで
2~3分優しく円を書いて刺激します。

※オムツをかえるときの姿勢で綿棒を差し込みます。

刺激をしてうんちが勢いよくでることもあるので
オムツ替えシートや新聞紙などを敷いておくと良いでしょう。

綿棒で刺激をしてクセにならないか
心配するママもいるかと思います。

綿棒浣腸は薬とは違い直腸を直接刺激して
自然な排便を促す行為なので、
くせになってしまうことや、
おしりを刺激しないとうんちが出ないように
なってしまうことは無いので安心してください。

次男くんが小児科を受診した際には
この綿棒浣腸をすすめられました。

ネットなどでやり方をみて自己流で
やってはいたのですが、なかなか出る様子が無いので
小児科を受診した際に、綿棒浣腸のやり方を
教えてもらいました。

実際に教えてもらうと、ネットでのやり方とは異なり
2~3分と少々長い時間刺激を行っていました。
また、綿棒の挿入も恐々やっていた為浅めの挿入でしたが
綿棒の先が隠れる位2~3cm程挿入するということを
教わりました。

小児科の受診

お家でのケアをしても、なかなかうんちが
出ないときや、激しく嘔吐をしているとき、
食欲もなくなっているときは病院での受診をしましょう。

次男くんの場合は、ミルクの飲みは良く、
嘔吐などは無く、機嫌も悪くは無かったのですが
6日間うんちが出ないことが続き、おならが
大人の様にすごく臭かったので
これは、便が溜まって出せない状況なのではないかと
小児科を受診しました。

6日間も出ていないとなると
浣腸をして出してしまった方が良いと言われ
浣腸をしてもらうことになりました。

すると、すぐに大量のうんちが出て
看護師さんにその様子を確認してもらいました。

まだ生後1ヶ月ちょっとということもあり
何か病気などがあるのか先生に聞いたところ
この位の赤ちゃんには良くあることなんだと
言われました。

もし病気などがあれば勢いよく嘔吐をしたり
するそうで、次男くんにはそれがなかったので
少し安心しました。

この日は、便通を促すピアーレシロップ65%
というシロップを処方されました。

また一週間後に受診するように言われ
一週間後に受診しました。

一週間シロップを飲み続けるも
なかなかうんちが出るようにならず
この日も浣腸をしてうんちを出し
様子を見て同じシロップを処方されました。

次の受診の際にもうんちが出なかったので
また浣腸をしました。
この日には、別の薬に変更することになりました。
酸化マグネシウムを処方されました。

ただ、粉の薬であるために
飲ませるのに苦労しました。

いろいろと試しましたが
上手く飲ませられた方法は
平たいアイススプーンに粉を乗せて
赤ちゃんの舌にさっと乗せてあげます。

スプーンが平たいので、うまくスライドさせながら
口の中へ入れ、引きます。
その後に、スプーンで白湯を与えます。

これを少しづつ、交互に行います。
上手く飲ませられるようになると
うんちも出るようになりました。

まだ、ミルクしか飲めないような乳児なので
飲ませるのに本当に苦労してます。。。

現在は、お薬(酸化マグネシウム)と
綿棒浣腸で便通を促しながら
上手く便秘と戦ってます!!

まとめ

赤ちゃんの便秘はよくあることですが
なかなか出ないと心配になってしまいますよね。

それぞれあかちゃんに合った方法で
上手く出せるようになると良いですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする