陣痛促進剤での出産 リスクや痛みなどはあるの?

出産は、女性にとって本当に
大変なものですよね。

私も長男、次男と出産を
経験しましたが、やっぱり
どちらも辛く、苦しかったです。

私の場合、どちらも陣痛促進剤を
使用しての出産となりました。

今日は、陣痛促進剤について
お話したいと思います。

陣痛促進剤が必要となるとき

産院では、医師や看護師さん、助産師さん
お産に関わる方々が出来るだけ陣痛促進剤
を使用しない自然分娩での出産が行われる
ようにと努力してくださいます

どうしても自然のままだとママと赤ちゃん
の生命・安全が危険にさらされることがあり、
その場合に分娩の誘発や、促進をします

それは、ママや赤ちゃんの為になるという
医学的適応の時だけに限り行われます。
病院や医師の都合で行われたりはしません

では、医学的適応とはどんな時なのでしょうか。



前期破水

陣痛より先に破水が起こる事を
前期破水といいます。

前期破水をすると自然と陣痛がはじまる
という事が多いのですが、
なかなか陣痛がはじまらなかったり、
微弱であったりで分娩までに時間が
かかってしまうと、時間の経過とともに
子宮や赤ちゃんへの細菌感染への
リスク
が高まります。

感染の兆候が表れる前に分娩が終わるよう
状態を見て陣痛促進剤の使用が検討されます。

過期妊娠

予定日を2週間近く過ぎると、
胎盤の機能が徐々に低下
してきます。

そのまま継続するとお腹の中で赤ちゃんの
状態が悪化するリスクがあります。
これを過期妊娠といいます。

分娩予定日の1週間以上を過ぎると
羊水量も減少してお腹の赤ちゃんの
環境も急激に悪化するため、
多くの産院では陣痛促進剤で
陣痛を起こし出産につなげるよう
勧めています。

微弱陣痛・母体疲労・分娩遷延

陣痛がはじまると徐々に痛みが強くなり、
間隔も短くなっていくのですが、
陣痛が始まっても、微弱であったり、
子宮口がなかなか開かなかったりすると
赤ちゃんが降りてこられません。

長時間陣痛の弱い時間が続くと、
分娩が長引いて、ママも赤ちゃんも
疲れて果ててしまいます。

そのため、上手にいきむことができ
なかったり、子宮の筋肉も疲労して
分娩後に収縮が悪くなり出血が
多くなったり、赤ちゃんが仮死状態に
なったりする
ことがあります。

この場合に、適切な陣痛を起こし
分娩をスムーズに進行させるために
陣痛促進剤の使用が検討されます。

合併症妊娠・ハイリスク妊娠・無痛分娩

ママの体に合併症があったり、
前回の妊娠の際に墜落分娩(急激に進行して
しまうお産)であったり、ハイリスク妊娠、
無痛分娩
での出産の際など計画的に出産させる
必要がある場合に、陣痛促進剤が
必要になります。



陣痛促進剤の使用方法

陣痛促進剤には、経口錠剤と点滴で
投与する注射剤があります。

注射液は、輸液ポンプを使用して
薬液量を厳密に調節しながら最少量から
開始をします。そして出産に有効な
陣痛が得られるまで徐々に薬液の量を
増やしていきます。

どちらの薬剤も投与量を調整しやすく
なっていますが、万が一の時に、
すぐに中止する事ができるために
点滴での投与が一般的です。

また、あかちゃんや子宮収縮の
状態を客観的に把握するために
分娩監視装置をママのお腹に取り付けて
チェックをしながら行います。

陣痛促進剤を投与する場合は
必ず医師からの説明を受けた上で、
本人の同意のもとで行われます。

陣痛促進剤のリスクと副作用

陣痛促進剤と聞くと、不安になるママも
多いかと思います。

陣痛促進剤も一種の薬剤なので
副作用が全くないわけではありません。

過強陣痛、吐き気や下痢、不整脈、
一過性の血圧上昇などさまざまな
症状が起こることがあります。

アレルギー反応によるショック、
子宮破裂、過強陣痛による
大量出血や胎児仮死が起こる
可能性もあります。

また、分娩時に羊水がママの肺の
血管に入って呼吸困難になる
羊水塞栓症や、分娩後の弛緩出血など
母体合併症があると言われています。

ただ、これらの合併症は
自然分娩でも起こることです。

こういったリスクを避けるために
分娩監視装置を付けて、陣痛の間隔と、
赤ちゃんの心拍数を継続的にモニタ
リングをしながら適切な処置を
行うために危険性が増すということは
ありません。

ただ、分娩によっては赤ちゃんやママの
状態により帝王切開に切り替わることも
あります。



私自身が2度の出産の際に2回とも促進剤を使用


長男を出産する際に周囲からなかなか生まれないと
促進剤を使用することになり、普通より痛みが強くて大変だから
たくさん歩いたほうが良いと言われ、沢山歩きました。

そのせいもあってなのか切迫早産になり、
入院をしていたのでしばらく安静の生活を送っていました。

しかし安静にし過ぎたせいなのか
予定日を過ぎてもなかなか
陣痛が始まらず、次の健診までに陣痛が来なければ
入院となり様子を見て促進剤の投与の予定になりました。

結局陣痛が来ないので入院をして
子宮口を広げるバルーンを入れたところ
その日の夜に陣痛は来たのですが
長らく子宮口が全開になるまでに陣痛に耐えて
いざ分娩となると痛みのピークを越えてしまい
微弱な陣痛になってしまいました。

その為、赤ちゃんがなかなか出て来られない
状態になってしまったので、最終的には促進剤を使用
することになりました。

長男の際には、促進剤の痛みよりも
普通に来ていた陣痛の方が痛かった
というのが感想でした。

次男の場合は、微弱な陣痛が定期的に
来ていたので、病院に連絡をして
まだ我慢できる痛みですが5分間隔位
だと伝えると、二人目なのでとりあえず
病院に来るように言われ病院へと
向かいました。

病院で確認をすると、なんと破水していたのです。
夜中に尿漏れかな?と思ったものは破水でした。

長男の際には風船が勢い良く割れたような
状態で破水したために、今回のような
下着が少しずつ濡れる状態は尿漏れなのかと
勝手に判断していました。

後に、看護師さんからあなた位の年齢で
尿漏れなんてことはないからとお叱りを受けました。。。

妊婦だから、尿漏れもするのではないかと
判断していましたが間違いでした。

病院で破水していることが分かり、
子宮口も半分開いてはいるものの
陣痛が微弱なため、赤ちゃんへの
感染症が心配されるために、
陣痛促進剤を使用することとなりました。

陣痛の様子を見ながら薬液を
調節しますと説明を受けたので
陣痛の怖さからまだ我慢できる
程度の痛みから痛いと訴えたり
しましたが、モニターで、客観的に
痛みの度合いが分かるので
無駄なことでした。。。(笑)

その後、急激に痛み出して
お産が進み、分娩に入るとなってから
5分程で次男が生まれて来たのです。

本格的な陣痛が始まってから
出産まで30分程だったのでは
ないかと思います。

病院に着いてからだと2時間程だったかと思います。

長男出産時よりも、出産にかかった
時間は短く、そのため痛みに耐えた
時間も短かかったのですが、
痛みの度合いはと言うと、長男の時
よりもかなり大きかったというのが
感想でした。

あまりの痛さに、呼吸が出来なくなり
手足がしびれてしましました。

ただ出産にかかる時間は短かったので
産後の回復が早く楽ではありました。

長男、次男の出産を考えると
自分だけの力では難しいという出産も、
促進剤を使用してお産をスムーズに
進めてくれたので必要であったのかと思います。



まとめ

陣痛促進剤を使用すると痛みが強くて
大変だとか、トラブルが怖いという
イメージが先行してしまいがちですが、
促進剤を正しく使用することで、
自然分娩でのリスクを伴う場合など
お産の後押しをしてくれるので、
ママや、赤ちゃんの負担を軽減してくれるのです。

痛みについては、私自身長男の時には
自然にきた陣痛よりは痛くなかったし、
次男の際は、自然に来ていた陣痛より
はるかに痛かったので、自然分娩と
どちらが痛いのかとは人により、
その時のお産によりとしか言えません。

促進剤を使用する時は
きちんとした管理を行いながら
お産を進めて、ママや赤ちゃん
への、負担が軽減されるようにと
使用するのです。

私自身、使用してスムーズにお産が
進んだし、何よりも二人の息子は
この促進剤を使用したことでの
後遺症などは何もなく、元気に
すくすく育っています。

もしあなたも促進剤を使用しなければ
ならないとなったら、不安にならずに
出産に挑んで欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする