『成田』航空科学博物館 アクセスと基本情報 館内の様子をご紹介

成田空港滑走路に隣接して
航空科学博物館という施設が
あるのをご存知ですか?

先日私は、家族で行ってきました。
いつも電車電車という長男に
飛行機を見せたらどんな反応を
するのかと思いこの日は
航空科学博物館へ向かいました。

今日は、航空科学博物館の
情報をお伝えします。

航空科学博物館とは?

航空科学博物館は、千葉県山武郡
芝山町岩山に地元の要望として
設立された、日本で最初の航空
専門の博物館なのです。

1989年8月1日に開館し
1994年1月30日には入館者
数が100万人に達っしました。

館外は、セスナ機やプロペラ機の
展示がしてあり、機内に入ることが
出来ます。

館内では飛行機の歴史や、
仕組などを学ぶことが
できます。

航空博物館内

館内は、5階まで見学することが
出来て、それぞれに見所があります。

1階中央棟

1階入り口には、ショップがあり
飛行機関連のグッズを購入する
ことができます。

ここでおすすめしたいのが
うどんですかい (UDON de SKY)
です。

私が、これに出会ったのは
以前の職場です。
営業が出張で飛行機を使用した際に
空港でおみやげに購入してきて
くれました。

まさに、うどんですかいと
いってしまいました。

うまいネーミングだと
思ったのは私だけですかね(笑)

この商品、機内でカップ麺が
食べたいという日本人の乗客から
の要望が多かったために日本航空の
客室サービス企画部が日清食品と
共同で開発したものなのだそうです。



この商品のすごいところは
機内で調理してお客様へ提供するために
気圧の関係でお湯の温度があがらなくても
ちゃんと麺が戻るようになっているのです。

そして、通常のカップ麺と同様に
お湯を入れて3分で食べられるように
なり、さらに調理後10分は伸びない
うどんが入っているのです。

登山を趣味としている方が
2000m程の山を登る際なども
持っていかれたりするそうです。

山頂でも気圧でなかなか
お湯の温度が上がらないですからね。

味は、関西風の昆布だしなので
さっぱり食べられるのは
夜食にもぴったりですよね。

パパが飲んで帰って小腹が空いた
という時などにもちょうど良いですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JAL SELECTION ですかいシリーズ各種 うどんですかい のし・包装不可
価格:1836円(税込、送料別) (2017/12/15時点)

1階西棟

入り口のゲートをくぐり
中へ進み左手西の棟には
ボーイング747-400 の大型模型が
どーんと展示されています。

この模型は、シミュレーターで
実際に操縦する事が出来るのです。
世界最大の可動する模型で
可能な限り外形や各部の動きも
実物を再現されています。

シミュレーターは予約制となります。
私達が行ったのは、日曜のお昼頃
で希望する時間帯は予約で埋まっていた
ので操縦体験をしたいのであれば
早めに行かれると良いでしょう。

その他西棟には、ボーイング747の
コクピット、エンジン、タイヤが
展示されています。

また、飛行機内のモックアップも
あり、実際のファーストクラスの
座席や、ビジネス、エコノミーの
座席に座ることができます。

ファーストクラスなんて
この機会でないと座ることが
ないので貴重な経験ですね。

長男は、なぜかファーストクラスの
座席に普通に座り、私も良く分からない
のに、普通に備え付けのテーブルを
引っ張り出してくつろいでいました(笑)

どこで覚えたのか・・・

また、1F西棟にはりかちゃん人形が
歴代のキャビンアテンダントさんの
制服を着たものが展示されていました。

ここは、息子もパパも興味がなく
素通りです・・・

ここが男の子ママの悲しいところですね。
私だけで楽しみましたよ。

2階中央棟・東棟

2階には航空機の模型が展示
されていたり、大きな成田空港の
ジオラマが展示されています。

また、音の体験ルームが設置
されています。

旅客機の音の体験が出来るそう
ですが、混み合っていたので
残念ですが体験は諦めました。

タイミングが合えば体験が
出来そうでしたが、
二人の息子を連れてだと
待つのが難しいですね。。。

3階中央棟

3階は、展望台となっていて
外に出て実際の飛行機が飛んでいるのを
真近に見ることができます。

飛行機が見たくて成田空港へ
行かれる方が多いと思いますが
なかなか真近で飛行機が飛んでくる
様子を見ることは難しいですよね。

ここでは、飛んでくる飛行機を
実際にみることが出来る穴場なのです。

4階中央棟

4階にはレストラン「バルーン」
があります。

ここは、円形状になっていて一面が
窓ガラスとなっているので、
食事をしながら飛んでくる飛行機を
眺めることが出来るのです。

気を付けないといけないのは
風向きによって離着陸も変わるので
ここから着陸シーンを見学するなら
北風の時がベストだそうです。

この日は、ばっちりな天候で
次から次に飛んでくる飛行機に
長男は大興奮でした。

ただ、日差しが強い時間帯だったので
かなり暑くて大変でした。

また、気になるレストランの
食事ですが、メニューはハンバーグや
カレー、ラーメンなど、ごくごく
普通のメニューではあります。

息子はお子様ランチを食べました。
飛行機のプレートに乗った
お子様ランチです。

飛行機のプレートにまたまた
息子は大興奮でした。

また、小さな飛行機のおもちゃ
が付いてきたのでさっそく
飛行機を飛ばして遊んでいました。

私は、ハンバーグをチョイス!
以外にジューシーでビックリ!
サイズもまぁまぁ大きく私には
ちょうど良かったです。

館内で食事が出来るのは、
ここしかないので行かれる際は
良い席を確保するためにも
早めに行かれると良いですね。

営業時間:10:30~16:00
(食事ラストオーダー15:00 ドリンク15:30まで)
※平日は15時までとなります。

5階中央棟

5階は展望展示室となっています。
ここには、実際に使われていた
空港管制機材の展示がされています。

ここでも飛行機の離着陸を
ゆったりした椅子に座りながら
眺めることができます。

さらに、土曜・日曜を中心に
空港に離着陸する飛行機の
解説が行われます。

この解説ですが、次々に飛んで
着たり、離陸するために、
解説というより、スポーツ実況の
ようです。

すごいテンポで、この飛行機が
どこから来た飛行機で、どういった
特徴があるなど解説してくれます。

とても聞きやすく面白いのですが
うちの長男はじっとしていられず
かけまわったり、騒ぐので強制的に
退出させました(笑)

もう少し聞いていたかったけど
これを楽しみに来ている
お客さんたちに迷惑がかかって
しまいますからね。

おとなしく出来るようになったら
また一緒に聞きに来たいです!!

基本情報

開館時間:10:00~17:00(入館締切は16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)

お問い合わせ先
TEL:0479-78-0557
FAX:0479-78-0560
メールアドレス: info@aeromuseum.or.jp

入館料
大人500円、中高生300円、
子供(4歳以上)200円

アクセス

電車・バス使用の場合
成田空港から路線バスが出ています。

■成田空港交通 博物館線
 (平日 博物館経由南三里塚行き 土日祝 航空科学博物館行き)
成田空港第1ターミナル 
1階30番のりば発、または
第2ターミナル3階5番・14番のりば発
航空科学博物館(博物館敷地内)下車 
      
■JR東関東バス JR成田駅行き
成田空港第1ターミナル 
1階30番のりば、または
第2ターミナル 1階28番Cのりば発、
航空科学博物館下車

自動車の場合
東関東自動車道路成田IC
から約15分

この日は、東北道から初めて
圏央道を使用して向かいました。

この圏央道ですが、現在SAエリアが
なくPAのみとなっています。
(今後出来るかもしれませんが)

5ヶ月の息子が泣いてしまったり
2歳の長男は日差しが強く
暑かったようで騒ぎだしたのですが
なかなか停まることができず
とても焦りました。

また、車線が1車線となっている区間
が長く、タイミングが悪いと
なかなか進まなかったりもあるので
小さなお子さんを連れてだと
少し焦ってしまいますね。

いつかもっと改善されることを
望みます。



まとめ

大人も子供も楽しめる航空博物館は
間近で飛行機を見学したいという
あなたにはぴったりの場所です!

あんなに沢山の飛行機が
飛んでくるなんて驚きです。

飛行機は飛んでいないと
全ての飛行機を収納できるスペースは
無いというのを聞いたことが
あります。
(事実がどうかは不明です。すみません。)

もし、お子さんが乗り物に興味を
持ち始めたらぜひ連れて行ってあげて
くださいね。

飛行機の虜になりますよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする