離乳食の進め方 いつから始める?離乳食期について。離乳食に必要なもの

市の4ヶ月健診の際に
離乳食について保健師さんから
お話があり、次男くんも
もう少ししたら離乳食を
始めないといけないなと
改めて思いました。

今日は、離乳食の始め方に
ついてお話します。

離乳食はなぜ必要なのでしょうか

離乳食の目的は、母乳やミルクで
栄養をとっている赤ちゃんが
すこしずつ大人と同じような食べ物から
栄養を取ることができるように
とろとろの液状からだんだん固いもの
を与えてかむ練習をすることなのです。

それまで母乳や、ミルクなどの
液体しか口にしていなかった
赤ちゃんは、舌や口の動きも
未熟なため、食べ物をかんだり
飲み込むことも難しいのです。

また、赤ちゃんの消化機能は
未発達なために食べ物を細かく
分解して吸収することができません。

そのために赤ちゃんの時期に
発達に合った食材を使って
消化しやすいやわらかさに
調理する必要があります。

なんだか難しいようですが
大人でも、風邪などで病気を
した時には、普通のごはんを
食べることは難しいですよね。

そんな時には、柔らかくした
ごはんやおかゆを食べますよね。
揚げ物や、炒め物などは受け付けず
胃に優しく消化の良いおかずを
求めたりしますよね。

大人も普段とは違うように、
あかちゃんにもその月齢に合った
固さや食材を使用して、
上手く食べられるように
訓練していきます。

離乳食には母乳や、ミルク以外
から栄養を取れるようにする
ということ以外にも様々な
役割があります。

いろいろな形や固たさのものを
口に入れることによって、
かむ力が発達して、脳を刺激し
感覚を養い、様々な種類の食材を
口にすることで味覚が広がります。

さらに、手やフォークを使用する
ことで体の機能や好奇心が発達して
食べる意欲も育ちます。

こうして離乳食を通して自立心や生きる
力を身につけていきます。

離乳食の役割とは

■必要なエネルギーや栄養素を補う
生後5~6ヶ月程になると赤ちゃんの
成長とともに母乳だけでは栄養が足りなく
なってきます。

赤ちゃんが健康的に成長するのに
必要な栄養素を補うためにも離乳食を
スタートさせます。

■かむこと、飲み込むことを身につける
「食べる」という動作は意外にも
複雑な動作なのです。

唇とあご、舌を使って食べ物を
口の中へ運び、飲み込める固さや
大きさになるまで歯でかみ
唾液と混ぜてひとかたまりにして
飲み込み、食道まで送ります。

その機能が未発達な赤ちゃんは
離乳食でこの複雑な動作を繰り
返してそしゃく機能を発達
させていきます。

■味覚を育てる
新生児の赤ちゃんが、いろいろな味に
反応するということは多くの研究で
分かっているのですが、これが「甘味」
「うまみ」「酸味」「塩味」「苦み」の
基本的な味を感じる力という
よりは反射的な識別能力なのでは
ないかと言われているそうです。

では、味覚の基礎が形成されるのは
いつなのかというと、離乳食期
の赤ちゃんだといわれています。

この時期に様々な味を体験させることで
味覚を発達させるのです。

味覚は生命維持や成長に必要な味
危険な味を見分けるということ
だけではなく、食を楽しむことにも
つながります。

■食べる意欲、好奇心を育てる
離乳食は、赤ちゃんが生後5~
6ヶ月頃に大人が食べ物を食べて
いるのを見たりして、食べたそうに
している時期を見計らってスタート
させていきます。

すると、だんだんと自ら食べ物を
口に運んだり、スプーンなどを
使い食べようとしたりします。

この動作は赤ちゃんが
自分で食べたいという意欲が
育ったという証拠なのです。

様々な食経験を通して
赤ちゃんの自立心、意欲
好奇心を伸ばしてあげましょう。

■食習慣の基礎を作る
離乳食期では、赤ちゃんの発達に
合わせて食材を選び、調理をして
一日一回一口からスタートをします。

そして完了期には大人と同じように
毎日朝、昼、晩と3回の決まった
時間の食事をするようになります。
(完了期ではこの他に1日1回~2回
程おやつを食べます。)

離乳食を通して正しい生活のリズム
を整えて適切な食習慣の基礎を
作っていくのです。

離乳食はいつから始めたら良いの?

離乳食は赤ちゃんが5ヶ月
から6ヶ月頃に始めるママが
多いようです。

それは、市の健診でもその頃に
始めることを推奨していると
いうこともあります。

また、厚生労働省においても
5、6ヶ月頃が適当であると
しています。

その頃になると赤ちゃんの
消化器官もある程度発達して
きているということも関係して
いるようですよ。

生後5、6ヶ月の頃に、こんな
5つのサインに気が付いたら
離乳食をスタートさせてみましょう!

➀よだれがよく出るようになった
➁首のすわりがしっかりしている
➂支えがあればすわれることができる
➃大人が食べているのをみて
食べたそうにしている。
➄スプーンなどを入れても舌で
押し出すことが少なくなる
(哺乳反射の減弱)

上記はひとつの目安ですので
実際にスタートさせる時期は
赤ちゃんの機嫌が良い時や
体調などをみて無理せずに
始められると良いですね。



離乳食と授乳のバランスとは?

離乳食は赤ちゃんの発達に合わせて
生後5~6ヶ月から1~1歳半
までを4つの期に分けています。

それぞれの特徴をみてみましょう。

5~6ヶ月頃 ゴックン期

最初の1ヶ月はおっぱいや
ミルクにさようならをする
準備段階です。

この時期の栄養は母乳や
ミルクが90%を占めています。

1日1回離乳食タイムを取り
授乳時間の一回を離乳食の
時間にあてます。

最初はアレルギーの少ない
裏ごしをしたトロトロの
10倍米かゆの小さじ1杯
からスタートします。

1日目は1さじ与え、
2日目も1さじ。
3日目は2さじ。
4日目も2さじ。
5日目は3さじ

というように少しづつ
増やしていき、5、6さじ
まで増やしていきます。

また、1さじとは小さじ1
(5ml)のことで、離乳食用の
スプーンだとおおよそ4~5さじ
程の分量になります。

米がゆに慣れたら
(1週間ほどしたら)ビタミン類
(にんじんやかぼちゃなど)を
追加します。

こちらも一日1さじから
5、6さじまで増やしていきます。

ビタミン類に慣れたら
たんぱく質源(豆腐や白身の魚)
を追加をします。

最初は、豆腐からスタートして
慣れてきたら白身魚(真鯛やひらめ、
かれいなど)を与えます。

※たらはアレルギーの心配が
あるのでこの時期には
与えません。

離乳食を始めて1ヶ月程
経ったら2回食をスタート
させます。

この時期の栄養は母乳や
ミルクが80%程を占めます。

離乳食をスタートしたからと
言っても、まだまだ栄養は
母乳やミルクからで占めています。

この時期は、栄養の摂取というよりも
赤ちゃんが食べることに慣れる
ということに重点を置きましょう。

7~8ヶ月頃 モグモグ期

この時期は、舌でつぶして
食べる練習を始める時期です。

舌は、前後に加えて
上下に動くようになります。

ごくやわらかな食べ物を
舌とあごでつぶして飲み
込めるようになります。

赤ちゃんが、早食いや
まる飲みしやすくなる時期です。

まる飲みをするだけでは
そしゃくの練習にはなりません。

赤ちゃんの口に食べ物が
残っているうちに次のスプーンを
持っていかないように、飲み込む
のを確認しながら与えましょう。

モグモグ期からは食べられる食材が
増えてきます。
お肉はささみから。
卵は、7ヶ月から固ゆでの
卵黄、8ヶ月からは白身も
使えるようになります。

魚は、まぐろやかつおなどの
赤身の魚も使用できるようになります。

固さも前半はマヨネーズ状のものが
後半は、やや形がのこる位のものまで
食べられるようになります。

食べられるものは増えるも
摂取できる栄養素は
母乳、ミルクが60~70%
と半数以上を占めますので
離乳食は無理せずに進めて
行きましょう。



9~11ヶ月頃 カミカミ期

食べられる栄養素がグンと
増えて、3回食をスタート
させます。

食事の量が増えて食後に
飲むミルクや母乳の量が
自然に減ってきます。

そしゃく力が発達します。
舌を前後、上下、さらには
左右にも上手に動かせるように
なってきます。

また、前歯が生えてくる時期
なので前歯で切った後に
歯茎でつぶせるようになります。

手つかみ食べができる食材を与え
発達を促してあげましょう。

手つかみ食べは、食べ物の形や
固さを実際に触って学ぶ手段ですので
テーブルの上で食べ物をぐちゃぐちゃ
にして遊んでいるような時にも
赤ちゃんの発達の道と考えて、
少しの間見守ってあげましょう。

食事の際は、新聞紙やレジャーシート
などを敷いて汚れても片づけに
困らないようにするとママのストレスも
減りますね。

この時期にストローやマグなどの
口を動かさなくても飲めるものは
避けましょう。

舌の発達が遅れて言葉の発音に
影響するとの報告もあるため、
1歳に入る前にはコップ飲みの
練習をしていきましょう。

1歳~1歳6ヶ月頃 パクパク期

1日3食が定着してきます。

ほとんどの食材が使用できるようになり
食べられるメニューも広がります。

大人と同じようなものが食べられるので
大人の料理の取り分けを行う場合は
2倍以上の薄味を心がけましょう。

口を動かしたり、歯が生えて
食べ物を噛み切ったりと
上手に食べられるようになりますが
そしゃく力はまだまだ未熟ですので
食べ物の固さには注意をしましょう。

この時期は、幼児食へのステップと
なる時ですが、まだまだ内臓が未熟な
ため食べる量の個人差も大きいです。

1日3回の食事だけでは1度に食べる量も
限られ十分な栄養も取り切れません。
そのため食事の合間に捕食(おやつ)を
取り入れて不足しがちな栄養を補います。

このころは、1回の食事にも
食べムラがあったりと、偏りが
出てしまいがちです。

1日に1、2回程、食事の間に
おやつの時間を作りましょう。

1歳を過ぎると牛乳を飲めるように
なります。(食材としてはモグモグ期
頃から使用することは可。飲料としては
1歳をすぎてから)
ミルクか牛乳を1日に300~400ml
程度を目安にに与えましょう。

遊び食べや手づかみ食べがさらに
盛んになります。
遊び食べは2~3歳頃まで続くので
子供の意欲を伸ばす時期と考えて
気長に向き合いましょうね。

食事の時間を決めて一日の
リズムを整えてあげて
ミルク、母乳離れを促して
あげましょう。

この頃の食事からとれる
栄養素は75%~80%を
目標にしましょう。

ミルク、母乳は時間をかけて赤ちゃんのペースに合わせて

離乳食を始めたからと言って
すぐにミルク、母乳をやめる
必要はありません。

赤ちゃんのペースに合わせて
十分な時間をかけながら離乳食
完了期頃を目安に準備していきましょう。

完了期頃には食事の時間を
決めて、一日のリズムを整えて
あげていると良いですね。

ミルク、母乳離れは自立の第一歩
となります。
豊かな食体験を通して赤ちゃんの
健康な体、食べる力を育んでいきましょう。



離乳食に必要なアイテムとは

赤ちゃんが離乳食を食べるのに
あると便利なアイテムを
ご紹介します。

■コンビ Combi ステップアップ食器セットC 12点セット

これ一つで必要な食器はすべて
揃います。
いろいろ使用してみた結果
私はこのコンビのスプーンが
一番使用しやすかったです。

また、ちょうど良いサイズの
調理ボウルとザルもついているので
出汁をとるにも便利で、特に
初期のころは離乳食を調理ボウルで
作ってそのまま息子にあげていました。

食器として使うのにもサイズが
ちょうど良く取っ手が付いているので
初期のころの赤ちゃんに離乳食を
あげるのにボウルをもちながら
あげられるのでとても重宝しました。

コップ飲みの練習をする頃には
ミルクカップもついているので
買い足す必要はありません。

■ピジョン Pigeon 離乳食用調理セット

この商品は、離乳食に必要な
「すりつぶす」「しぼる」「こす」
「する」のすべてに対応できる器具
がセットになっており、収納にも
便利にコンパクトにまとめられるように
なっています。

電子レンジにも対応しているので
とても重宝します。

■エジソンの冷凍小分けパック

この冷凍パックは絶対にもっておくべきです!

赤ちゃんの離乳食は少量だから
都度作ればいいやと当初は軽く
考えていましたが、少量がゆえに
こしたりする際に食材がこし器に
くっつきその分がロスになります。

毎回毎回少量ではあるとは言え
食材を捨てるのはもったいなく
毎回ロスになればそれなりの量になります。

また、赤ちゃんの機嫌はいつどうなるか
分かりません。毎回機嫌良くしていてくれ
るわけではありません。

時間のある時にまとめて作って
冷凍しておくと、必要な時に
ぱぱっとだせて、赤ちゃんの機嫌を
損なわせることはありません。

冷凍保存の時にこのパックを使用すると
1食分のちょうど良いサイズになっていて
底の部分をポコッと押すと食材が出て
くるようになっているので、取り出し
やすくなっているのでお勧めです。

まとめ

離乳食はなかなか進まないという
赤ちゃんも多いです。

そんな時は、触感や食材の大きさ、
見た目などいろいろと工夫してみて
くださいね。

トロトロが嫌という赤ちゃんも
いますからね。

せっかくママが時間をかけて作っても
食べてくれないということは
多々あります。

ママが少し疲れちゃったなとか
旅行などの時には、月齢に合った
ベビーフードも市販されていますので
毎日とはいきませんが、そんな日は
使用されてみるのも良いですよ!

離乳食は無理せずに楽しく
進められるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする