初節句「端午の節句(こどもの日)」のお祝い 兜や鎧、こいのぼりを飾る理由とは。端午の節句に食べると良いものをご紹介。

赤ちゃんが生まれて初めての節句のことを
初節句と言います。

女の子は3月3日「桃の節句」
男の子は5月5日「端午の節句」です。

生まれてすぐの場合は翌年に
お祝いをする子もいます。

初めてだと、節句ってどういうもの
なのか不安になりますよね
今回は男の子の節句「端午の節句」についてお伝えします。

端午の節句は五節句のひとつ

端午の節句は奈良時代から伝わる
五節句のひとつです。

五節句とは

「節」とは、季節の変わり目のことを言います。

暦の奇数月の月と日が重なると「陰になる」というのを
避けるために行事が行われました。

この行事で、季節の旬の植物を生命力をもらい
悪いものをを祓うという目的から始まりました。

この中国の暦法と、日本古来の風習が合わさり、
決められた日に悪いものを祓う宴会が行われ、
それが「節句」といわれるようになったのです。

五節句を行う日とは
・1月7日 人日(じんじつ)の節句
・3月3日 上巳(じょうし)の節句
・5月5日 端午(たんご)の節句
・7月7日 七夕(しちせき、たなばた)の節句
・9月9日 重陽(ちゅうよう)の節句

1月は1日が五節句では無い理由

五節句の日を見ると、
1月は何で1日では無いのか
気になりますね。

1月1日は元旦ということもあり
1年の始まりの大事な日です。
お屠蘇で悪いものを祓うことができます。

それよりも、七草を食べる7日を
人の日として大切にしていたため
五節句に取り入れられました。



端午の節句とは

毎年「こどもの日」の祝日として
5月5日に祝われているこの日を
「端午の節句」と言います。

中国では、季節の変わり目の雨季に入る
五月が病気になりやすい月で、
厄除けをする風習
があったのです。

その風習が日本にも伝わりました。

端午の端は『はじめ』という意味があり、
端午は、5月最初の午(うま)の日のことを言いました。

それが、午(ご)という文字が
五という音であることから、
奈良時代以降、5月5日が端午の節句として
定着
しました。

菖蒲(しょうぶ)の節句と言われるのは

厄払いに使われた「菖蒲(しょうぶ)」が
「勝負」に通じていたということ。

また、江戸時代に入ると「菖蒲(しょうぶ)」が
武道を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じ音であったため、
「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、
祝われるようになったのです。

武士の時代に、後継ぎとして生まれた男の子を祝い、
無事に成長をしていくことを祈り、
一族の繁栄を願う大事な行事となったのです

それから、5月5日の端午の節句は、
男の子のための節句として定着していったのです。

鎧や兜を飾る理由とは

お雛祭りにひな人形を飾るように
端午の節句には鎧や兜を飾ります。

これは、武家社会から生まれた風習なのです。
鎧や兜は武士が身を守るのに
とても大切なものです。

男の子の赤ちゃんが生まれると
身の安全を願い鎧や兜を神社に
奉納し祈願した
ことが始まりです。

現代では、鎧や兜が病気や事故などの
災いから大切な我が子を守り、
健やかな成長を願い飾るよう
になりました。

鯉のぼりを飾る理由とは

鯉のぼりは、江戸時代に生まれた節句飾りです。

鎧や兜は武家社会から生まれたものですが
鯉のぼりは町人階層から生まれたのです。

鯉は清流だけでなく、池や沼でも
生息することができる、とても生命力の強い魚
です。

「黄河(こうが)の上流に龍門(りゅうもん)があり、
ここをのぼることができた鯉(こい)は龍(りゅう)なることができた」

という中国の伝説にちなんで子どもがどんな環境にも生き抜き
立派に成長するようにとの願い
が込められているのです。

端午の節句に食べると良いものは

ちまき

紀元前300年に中国で
屈原という政治家がいました。

とても高い支持を得ていたのですが
陰謀によって中国から追い出されてしまったのです。

そしてそのことに絶望をして川へ身投げをしました。
この屈原の命日が5月5日だったのです。

悲しんだ中国の人々が命日に屈原を弔うために、
ちまきを供えたことが始まりです。

やがてそれが無病息災を祈る日となり、
お供えしていたちまきは健康を願って
食べる
ようになったことが由来です。

この風習が日本へも伝わり
5月5日には健康を願いちまきを
食べるようになりました。

柏餅

お餅を包んでいる柏の葉は、
次の新芽が出るまで葉が落ちないということから、
子供が出来るまで親は亡くならないと言う
家系が途絶えずに続いていくことをあらわしており、
子孫繁栄の縁起物として食べられるようになりました。

ぶりの照り焼き

ぶりは出世魚として知られています。
成長するに従い名前が変わります。

子供の成長を願い縁起をかついで
食べられるようになりました。

かつお

かつおは「勝男」と読み
縁起がいいとされてきました。

たけのこ

たけのこは上にまっすぐ伸びて
大きく育つ
ことから、縁起物として
食べられるようになりました。

まとめ

端午の節句は、男の子の健康と健やかな成長を
祈願するための日として昔から受け継がれてきました。

どんな風にお祝いをしてあげるかは
それぞれ違いますが、どの家庭でも
子供の健康や将来のことを考えて大切に
迎えています。

あなたも端午の節句の意味を今一度考えて
大事な我が子の為にこの日を迎えてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする