手首などの関節の瘤「ガングリオン」とは。産後や子育て女性に知っておいて貰いたい気になる症状。赤ちゃんとの病院の受診でも大丈夫?

手首などの間接に出来る瘤。
これ『ガングリオン』と言うのをご存知ですか。

エヴァンゲリオン?シンカリオン?
息子の好きなアニメみたいな名前です。

私の手首にもしこりのようなものが
出来てしまい悪性の癌なのではないかと
不安になり慌てて病院に行きました。

今日は、同じような瘤が出来てしまった
あなたにも症状など詳しい情報をお伝えしますので
治療の参考にしてくださいね。

ガングリオンとは

ガングリオンは中にゼリー状の物が詰まったかたまりです。
手首などの間接部分に出来たり指の付け根部分に
できやすいと言われています。

瘤の大きさは

米粒位のものから、ピンポン玉程のものになります。

痛みは

大抵は、痛みを感じないことが多いのですが
できる場所により神経を圧迫して
痛みを感じたり、しびれ、運動麻痺を起こすことも
あります。

瘤の固さは

柔らかいものもあり、硬いものもあります。
皮膚とくっついていないので
触るとこりこりします。

ガングリオンができる原因とは

ガングリオンが何故できるのかは
はっきりとは分かっていないそうです。

私が医師に言われたのは
関節や腱を包む袋の一部がふくれて、
関節を滑らかに動かすための潤滑剤
となる粘液が重いものを持ったりなど
関節を使ったことで中に溜まってで
きたのではないかとのことでした。

この時に次男を連れていたので
子育てで抱っこなどで手首を
使用することが多かったからなのかなとのことでした。

長男の時には腱鞘炎になりました。
やはり、周りのママ達にも聞くと
産後は関節に負担がかかりやすいのかなと感じました。

しかしながら、若い女性にこの症状ができることは
多いそうですが、必ずしも手を使う人だけが発症するわけではないそうです。

診断の方法は

腫瘤があって、注射器で中身を吸いだして
ゼリー状のものが出るとガングリオンと診断されます。

他に、MRIや超音波検査などもあるそうです。

私の場合は、注射器で吸い出すのかと
恐々していましたが、医師が瘤をさわり
この状況でガングリオンかなと想定されていました。

それから、レントゲンを撮り診断となりました。

悪性のものではなければ
特に何も写らないそうで、私の場合も
何も写らなかったので「ガングリオン」との
診断となりました。

赤ちゃんと整形外科の受診に行っても大丈夫?
手首の瘤で整形外科を受診するため
急でなかなか見てもらえるところもなかったために
次男も一緒に連れて行くことにしました。

心配していたのはレントゲン撮影の時でした。
レントゲン技師の方は、次男を確認すると
「手だけの撮影ですので、赤ちゃんに影響する程の強さではないので安心してください」
と言ってくださいました。
「念のため、放射線防護エプロンを付けましょう。これで全く問題ありません。お母さんも心配されるかと思いますが、放射線は横にいったりしないので赤ちゃんに影響はないから大丈夫ですよ」という事でしたので安心しました。

あなたも、赤ちゃんがいてなかなか病院に行けないという場合にも連れて行ってでも悪性ではないか確認してくださいね。
私の場合は抱っこで一緒にレントゲンを撮りましたが心配であれば他のスタッフさんが見てくれることも可能です。

赤ちゃんも一緒にレントゲンは心配であることを必ず伝えてみましょうね。



ガングリオンの治療方法

まずどこの病院に行くかですが
整形外科もしくは形成外科のある病院を受診しましょう。

ガングリオンは悪性ではなく良性の腫瘤です。
その為痛みなどの症状がなければ
特に何も治療はしません

何もしなくてもいつの間にか
無くなることもありますし
今よりも大きくなることもあります。

手首など普段使用する場所で
あまりにも大きくて気になったり
神経を圧迫して痛みがある場合などは
医師と相談をして注射器で内容物を
吸引して排出します。

何度か繰り返し吸引・排出するうちに
できなくなることもあります。

直接力を加えて押しつぶす治療方法もあります。
それでも治らない場合は、手術をする場合もあります。
手術を行ったとしても全く再発しないわけではありません。

注意
自身で直接ガングリオンを押しつぶすのはやめましょう。
良性の瘤でも神経を圧迫して痛みがあったりするものですから
神経を傷つける心配もあります。

治療に掛かる料金はそれほど高くなく
1000円~2000円程度というところです。

何度か通われるとまた、料金が掛かってしまうところですが
大抵痛みが無いことが多いので様子見で終了することが多いのではないでしょうか。

まとめ

産後のトラブルは多々ありますが
手首の痛みや、瘤などは比較的多いようです。

赤ちゃんがいるからなかなか病院に行けないとは言わずに
一緒にでも連れて行って検査をしましょうね。

何も問題がなければ安心できますし
私もそうですが、まだ子供が幼いうちに
旅立つことは避けたいので、小さなことでも
気になることがあれば医師に相談できるようにしておきましょうね。

我が子の成長を楽しみに健康には気を付けましょうね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする