母の日にぴったりな子供から思い出に残る手形アートのカーネーションを 作り方をご紹介

毎年母の日には贈り物は何にしようかと
迷われている方が多いのではないでしょうか。

私も母になるまで子供たちから
何かしてもらえるなんて思ってもいませんでした。

初めて息子から母の日にもらったのは
自身で手作りしたプレゼントでした。

これが、本当にうれしくて息子の成長ぶりも含め
嬉しくて泣けてきました。

今日は、母の日についてと、母の日に贈ると
喜んでもらえる手作りプレゼントをご紹介します。

母の日とは

毎年5月の第二日曜日を母の日として
この日にお母さんに感謝の気持ちを伝えます

この日にお手伝いをしたり、
プレゼントを贈ったりなどをして母に感謝を
伝えてみるのもいいでしょう。



母の日はいつ始まったのでしょう?

時は、南北戦争終結後の1870年アメリカです。
女性政治家の「ジュリア・ウォード・ハウ」さんが
今後夫や子ども達を戦場に送り出すのを
拒否しようと「母の日宣言(Mother’s Day Proclamation)」を出しました。

これは、南北戦争中に「アン・ジャービス」さんが
敵味方問わずに負傷した兵士の衛生状態を改善するために
地域の女性を結束させた運動を
「母の仕事の日(Mother’s Work Days)」としていたのを
ヒントに宣言したものでしたが、
結局普及することはありませんでした。

アンさんが亡くなった2年後の1907年5月12日に
娘のアンナさんは、亡き母を思い母が生前に
教師をしていた日曜学校の教会で記念会を設け
アンさんの好きな白いカーネーションを祭壇に飾ったのです。

アンナさんの母を思う気持ちは人々に感動をもたらし、
母を思う大切さを認識
しました。

1908年5月10日に同教会に470人の生徒と
母親達が集まり最初の「母の日」を祝いました。

その時にもアンナさんは白いカーネーションを
出席者全員に手渡しました。
このことで、白いカーネーションが母の日のシンボルとなったのです。

アンナさんは友人たちに「母の日」を国中で祝うことを提案しました。

そして、1914年に「母の日」はアメリカで記念日となり、
月の第2日曜日と定められた
のでした。

日本での普及は

1913年大正時代のことです。
青山学院で、母の日の礼拝が行われました。

アンナさんから青山学院にメッセージが届いて、
当時の青山学院にいた女性宣教師たちの熱心な働きかけで、
「母の日」が定着するきっかけとなったのです。

その後、1937年(昭和12年)5月8日に、
キョロちゃんで有名な、森永製菓さんが
第1回「森永母の日大会」を豊島園で開催しました。

その後、1949年(昭和24年)ごろからアメリカ
にならって5月の第2日曜日に母の日の行事が行われるようになっていきました。



母の日に贈ってあげよう手作りプレゼント

母の日には、お金の掛かったプレゼントも
ママは受け付けていますが(笑)
そこは、パパに任せておきましょう!

今回はあまりお金が掛からず、
ママが喜ぶものを工作してみましょう!

手形のカーネーション

準備するもの
  • 画用紙
  • ストロー
  • 包装紙
  • セロハンテープ
  • リボン
  • クレヨン
  • 手形用のスタンプ
  • お手拭きなど手形を押した後に拭くもの
作り方
手形を取り、周りを切り取ります。
茎になるのはストローです。
クレヨンでがくを書いてその部分にストローを付けます。

包装紙で周りを包んで、
リボンやシールなど飾りを付けて出来上がりです。

手形でぞうさんアートの贈り物

準備するもの
  • 画用紙
  • クレヨン
  • 手形用のスタンプ
  • お手拭きなど手形を押した後に拭くもの
作り方
手形を取り、クレヨンで目・鼻や耳を書いて出来上がりです。

ママへのメッセージを入れたり、額に入れたりと
いろいろアレンジしてみてくださいね。



まとめ

母の日にぴったりなボディーアートの贈り物を
ご紹介しました。
材料は、どれも百円ショップで購入出来るもので作っています。
好きな包装紙やリボンを使ったりしてアレンジして
自分だけのオリジナルのプレゼントを作ってみましょうね!

ママは子供の成長が一番の楽しみなのです。
この思い出に残る贈り物でぜひ喜ばせてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする