出産の際の入院で必要になるものとは。実際の体験を踏まえてご紹介します。

妊婦になって、つわりも落ち着き
なんだかお腹もずいぶん大きくなってきたなと思ってきたら
そろそろ出産のことを考える時期
です。

私は、長男妊娠時はまだ働いていたので育児休暇に入ってから
出産準備品を揃えようと先延ばしにしていました。

ところが育児休暇に入る前に
切迫早産のために入院することに・・・

もしかしたら、このまま入院中に
赤ちゃんが生まれてしまうかもと
あわてたパパが用意することになってしまいました。

私の場合は無事に正産期を迎えられて
一度退院してからの出産となりましたが
同じ病室に入院していた妊婦さんは
そのまま出産となったという方もいました。

今回は、急な出産となっても慌てないように
出産時に必要だったものをご紹介していきますね。

出産準備はいつまでにしたらいいの?

出産準備は、入院の直前までに済ませるという方が大半です。

妊娠37週0日から41週6日までが正産期とされていて
出産をするのに最も適した時期とされています。

しかし、37週から41週と言うと1ヶ月もの
期間がありますよね。
初産だと予定日を過ぎるということも多々聞きくので
焦らなくても大丈夫と思いがちですが
予定日前に陣痛が来て生まれたという友人もいますので
やはり正産期に入る前の36週頃までには、準備が出来ていると良いですね。

出産での入院時受付で必要となるものは

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 保険証
  • 印鑑

陣痛室・分娩室で必要となるもの

ドリンク

陣痛中や分娩時は喉が渇きます。
ペットボトルのスポーツ飲料や水、ノンカフェインのお茶などがあると良いでしょう。

ペットボトル用ストロー

陣痛中、起き上がれない時でも
寝たまま飲料を飲むことができます。

注意
私は、ペットボトル用のストローを購入しましたが
実際に取り付けてみると、飲みたいボトルに
はまらず使用できませんでした。

事前に取り付け可能かどうか
確認しておくと良いですよ!

私の場合は結局看護師さんが
ペットボトル用の長いストローを
用意してくださっていたものを使用しました。

もしかしたら、そんなドジな妊婦用に
病院で用意されていることもあるかもしれませんね(笑)

テニスボール、うちわ

陣痛中はいきみで暑くなることもあります。
家族やパパにうちわで仰いでもらうと良いでしょう。

テニスボールは、陣痛での痛みを逃がすために
痛みの強い部分にテニスボールを当てて押してもらうと
意外に楽になります。

どちらも、自分でやる余裕はないかもしれませんので
付き添いの家族にやってもらうと良いでしょう。

私の場合は、どちらも用意してませんでしたが
病院にすでに用意がありました。
長男出産時切迫早産だったのにも関わらず
なかなか陣痛が来ないので予定日超過で次の日に促進剤を打つ予定で入院したのですが
その日の夜に陣痛が来て朝まで一人で陣痛に耐えていたために
どちらも使用することはありませんでした。

次男の出産時には、激しい陣痛がはじまると共に
すぐに生まれてしまったためにまた使用することはありませんでした。

使用するかしないかは分からないけれど
持っているだけで安心することもあるかもしれないですね。

ビデオカメラ

我が子が誕生するシーンをカメラに
収めておきたいというパパママは多いものです。

私も長男・次男とも記録に残しています。

ビデオカメラでの撮影が
NGな産院もありますので確認しましょう。

私の産院も撮影は大丈夫でしたが、
「こちらから」と撮る場所の指定はありました。

生まれたての赤ちゃんの撮影はどこからでも大丈夫でしたよ。
きっと妊婦さんへの配慮でしょうね。

軽食

陣痛は体力勝負ですので、必ずお腹に何か入れておきましょうと助産師さんから指導を受けます。
病院内でもごはんの時間になれば食事を出してくれますが
陣痛がきつくて食べられないなどもありますので
自分の好みのものや、栄養補助食品、バナナやおにぎりなどの食べやすいものを用意すると良いかもしれませんね。

私の場合は、長男出産時は陣痛がきつくて食べることができずにそのまま出産となりました。
次男の場合は、おにぎりなど用意をしていたのですが
すぐに生まれてしまったので結局また食べることなく生まれてしまいました。

しかし、友人は出産に備えて陣痛中もしっかり食べていたそうです。
長時間の陣痛に耐えないとならないことも考え何か用意しておいた方が良いですよ!

入院中に必要なもの

前開きのパジャマ

2~3着程。
産前産後も使用できるマタニティ用のパジャマもあり
入院中に授乳するのにも、診察にも便利であったりするので1~2着は持っていると良いかもしれませんね。

私の場合は2着持っていて長男出産時には使用しましたが
次男出産の際の産院は、特にTシャツでも大丈夫とのことでしたので
ほとんどTシャツなど動きやすい服装で過ごしました。

産院によっては、パジャマも用意してくれるところもあるので必要ない場合もあります。

産褥ショーツ

2枚~3枚程。
ほとんどの場合、産院のお産セットの中に1枚は用意されているのではないかと思います。
母親学級の際に説明されるか、もしお産セットの内容が分からない場合は確認すると良いですよ。

産褥ショーツは、出産直前から出産後にも使用します。
出産直前は助産師さんが子宮口の開き具合を何度も確認しますし
出産後は傷の治り具合を医師が確認するのにも
すぐに開くので持っていると良いですね。

私の場合は病院でお産セットの中に1枚入っていたので
長男の時は特に購入することなく、1枚とその後は生理用のショーツを
しばらく使用しました。

次男の際は、また産褥ショーツが1枚入っているので
長男の時の1枚と合わせて2枚、と生理用ショーツで
対応しました。

お産セットに入っているなら、無理に買わなくても
生理用ショーツなどでも対応できると思います。

産褥パッド

2パック程。

産褥パットも様々な大きさがあります。
こちらも出産直前から、出産後まで使用します。

破水など出産直前は、出血が始まったりしますので
産褥パットで対応します。

人によって様々ですが、出産後から、
1ヶ月程は悪露が続きますので産褥パットを使用します。

産院のお産セットに封入されていることがほとんどだと思いますので
別途購入する必要は無いかもしれません。
産院に確認しましょう。

私の場合は、出産直後は産院でお産セットに封入されているものを
使用しましたが、生理用のナプキンの方が使い慣れているので
生理用ナプキンを別途用意して使用していました。

生理用ナプキンの方が漏れなどにも安心していられるという方もいます。
心配な方は生理用ナプキンを用意されると良いでしょう。

母乳パッド

赤ちゃんが生まれて胎盤も出ると
いよいよ母乳も出始めます。

個人差もありますが、一つ用意をしておくと安心です。
こちらは、布製のタイプと使い捨てのタイプがあります。

入院中は洗うのも大変なので使い捨てタイプがあると良いでしょう。

私の場合は、長男出産時にはお産セットに封入されていましたが
次男の産院では試供品が2つ程しか入っていませんでした。

長男出産時にはそれほどすぐに母乳が出るわけでは無かったので
次男の時もあまり重要視していませんでした。

しかし、次男の時にはわりとすぐにおっぱいが張り、慌てて用意しました。
入院中だけでなく、退院してからも使用するものですから用意しておくと良いでしょう。

骨盤ベルト

産後に使用します。
産後の骨盤はふにゃふにゃとしているので
この時期にきちんとベルトをしておかないと
体型を戻すのが大変であったり、
腰痛の原因にも繋がります。

私も、長男出産時にあまりにも骨盤から恥骨のあたりに激痛があったので
骨盤ベルトを使用しました。

骨盤が固定されることにより痛みが緩和されました。

1枚は持っていると重宝しますので
出来れば購入をおすすめします。

私のおすすめはスリムロイナーです。
骨盤ベルトの元祖!
産後使用されたママ達の評価が高いのもポイントのひとつです!

産褥エクササイズハンドブックがついてくるのも嬉しいですよね。
1995年~ロングセラー・骨盤ケア・ベルト「スリムロイナー」

着圧ソックス

産前産後は手足がむくみます。
1枚でも持っていると違いますよ!

私は、長男出産後見たこともない程
足がパンパンになりました。
着圧ソックスを持っていたのでとても楽になりました。

おすすめは、話題の「レッグドレナージュ」
雑誌にもよく掲載されているので
私の周りのママさんたちの使用率は高く
やはり産後に重宝したと高評価です。

話題の遠赤外線の力を利用した着圧ソックス

授乳用ブラジャー

赤ちゃんにスムーズに母乳をあげることができるので
洗い替えも含めて3枚程あると良いでしょう。

ガーゼ

赤ちゃんはすぐにミルクを吐いたり
よだれをこぼしたりします。

1日3枚程用意しておくと良いでしょう。

ガーゼ地のハンドタオルなども使いやすいですよ!

乳頭ケアクリーム

授乳に慣れるまではトラブルは起こりがちです。

私も、長男出産時は最初母乳の出が良くなかったので
マッサージをしたりしたのですが、赤く腫れてしまったりと
トラブル続きでした。

そんな中看護師さんからすすめられたのが
ピアバーユでした。

香料・防腐剤無添加のナチュラルオイルなので
マッサージをして、そのまま授乳しても大丈夫なので
安心して授乳が出来ました。

もし、どうしても痛みが強くて授乳が出来ない場合には
乳頭保護器という物もあります。
また、傷があり傷むという場合以外にも
形によって授乳させずらい場合もあり
その場合にも効果はあります。

こちらは、必要に応じての購入で良いと思います。
赤ちゃんが生まれて授乳が辛いという時の為に
こういうものがあると言うのを知っておくと良いかと思いますのでご紹介させていただきました。

ドーナツ(円座)クッション

産後は、普通に座ることが難しいです。

私の場合は、長男出産時痛み止めの薬を飲んでいましたが
それでも痛みは続きました。

産院ではドーナツクッションの貸し出しがあり、
用意をしていなかったのでそちらを利用して
退院時に急いで購入しました。

次男の時には、それ程痛みは長引かずに済んだので
あまり使用することはありませんでした。

産院に置いてあることがほとんどですので
産後の状態をみてから購入を検討されても良いかと思います。

授乳クッション

こちらも産院に置いてあることがほとんどだと思いますので
退院後に必要に応じて購入でも良いかと思います。

座布団やクッションなどで代用しているママも多数いました。

私は、購入しました。
購入して良かったことは、授乳クッションがあると赤ちゃんが安心するようで授乳の時もですが
枕のようにして寝かせたりしても気持ちよさそうに大人しくしてくれていました。

また、腱鞘炎になってしまったということもあり
授乳クッションをうまく使用することで乗り切ることができました。

その他身の回り品

  • 薄手のカーディガンやガウンなど羽織るもの
  • スリッパ
  • タオル
  • 歯みがきセット
  • 洗面用具
  • メガネやコンタクトレンズ
  • ミニバッグ
  • 小銭
  • ビニール袋(洗濯物などを入れるため)

必要に応じて用意しましょう。



退院時に必要になるもの

ベビーウェア・肌着・おくるみ

退院時にベビードレスを用意されるパパ・ママも多いです。

私の場合は夏の子でしたのでベビードレスは暑いと思い
コンビの肌着で退院させました。
そんな状況なのでおくるみも
赤ちゃん用のバスタオルにくるむのみでした。

もう少し涼しい時期やエアコンなどの風が気になるようであれば
おくるみを用意されるのも良いでしょう。

赤ちゃんは何かに包まれると安心するので
1枚持っていても使えると思います。



紙おむつ

オムツはすぐに必要になりますが
すぐにサイズアウトしてしまうので
まとめ買いは止めましょう。

また、いろいろなメーカーのものがあるので
どのメーカーのものが合うのか難しいですよね。

産院で使用していて問題がなければ
そちらを継続して購入されるのも良いかと思います。

もし他のメーカーも検討したいというママには
7種類のおむつを試すことが出来る下記ショップがおすすめです。

ミルク用品

  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶
  • 哺乳瓶を洗うブラシ
  • 哺乳瓶の洗浄液

粉ミルクも赤ちゃんの好みに合う合わないもあったり
ママの母乳が落ち着いて必要なくなることもあるので
まとめ買いはせず、まずは試しに少しずつ購入してみる方が良いでしょう。

ママの退院用の服

授乳のことも考え、授乳口付きの服だと授乳しやすくて良いですよ。

分娩・入院費用

病院によって金額は様々です。
金額が大きくなる場合もありますので
退院の際に家族に持って来てもらうと良いでしょう。

チャイルドシート(車の場合には)

車で帰る場合には必ず必要となります。
新生児から使用できるものを選びましょう。

また、車種によっては使用できるものと出来ないものがありますので
購入の際にはしっかり確認をしましょうね。

まとめ

今回は出産の際の入院で必要となるものを
自身のことを踏まえてご紹介しました。

出産を控えているあなたに
少しでもお役に立てると良いのですが・・・

いよいよ出産を考えると
陣痛に耐えられるか不安になったり
それでも赤ちゃんのことを考えると
早く会いたくなったり・・・

不安と期待がぐるぐるしてしまいますよね。

でも、生まれてきた我が子は本当にかわいいので
期待を持って出産に挑んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする