お宮参りはいつ行ったら良いの?どうやったら良いの?

赤ちゃんが生まれてから
まず最初に行うのがお宮参りです。
少しずつ慣れてきたとはいえ
日々赤ちゃんのお世話に追われて
お宮参りって何をしたらいいの?
と思っているママさんも多いと思います。

今回は、お宮参りについて
いつ頃行うのか、何を準備すればいいのかをご紹介します。

お宮参りとは

お宮参りとは、赤ちゃんが無事に生まれて
その土地の一員となったことを産土神(うぶすながみ)に報告して
健やかな成長を願う行事を言います。

お参りをする場所は?

先にも述べましたが、お宮参りとは
産土神にその土地の一員になったことを報告する行事ですので
家の近くの神社に参拝するのが一般的です。
ただ、最近では崇敬している神社や家から離れた神社に
参拝する方も増えています。

私の場合は、安産祈願をしていただいた神社で
神主様にお祓いを受けて祝詞をあげてもらいました。
儀式にかかる時間は、30分程度なので
比較的赤ちゃんの機嫌が良い時間帯やお昼寝の時間帯に
神社へ予約すると良いですね!
場所によってはお食い初めの食器をいただけるそうで
私が行った神社では食器をいただくことができました。
その後、神主様のいない近所の神社へも行き
息子が生まれた報告をしました。

お宮参りをする時期は?

地域によって違いはありますが
男の子は31日目、女の子は32日目としている
地域が多いようです。
伝統を重んじる家庭でしたら両親へ確認しておくと安心ですね。

ただ、最近では参拝時期にこだわるよりも
赤ちゃんの体調を最優先に考えるのがベストです。
また、ママも産後一ヶ月とはいえ
毎日の育児で辛い時期であったりもしますので
無理のないよう日程を決めてくださいね。

私自身、息子が生まれたのが7月であったため
1か月後の8月の猛暑は避け、秋口の9月にお宮参りを行いました。

お参りの方法は?

お参りには2種類の方法があります。
通常の参拝と同じようにお賽銭を入れてお参りをする方法と
お祓いを受けて祝詞をあげてもらう方法があります。
祝詞をあげてもらう際には、神社へ連絡をして予約をいれて
初穂料(はつほりょう)を用意します。

初穂料って?相場は?

初穂料(はつほりょう)とは、神社に対し
お祓いや祝詞の謝礼として渡す金銭の表書きに
「御初穂料」という名称を用います。
その年に初めて取れた米・野菜などを神様に奉納していたの語源です。

お宮参りの初穂料の金額は神社によって様々ですが
平均的な相場は5,000~10,000円です。
神社によってはホームページ上に
載せているところもあるので確認しておくと良いですよ。

初穂料の入れ物は現金を紅白の蝶結びの水引きの熨斗袋
または白封筒に入れて渡しても大丈夫です。
熨斗袋、白封筒には紅白帯の上側には
「御初穂料」もしくは、「御礼」、「御神饌料」、
「御玉串料」と書きます。
下の段にはお祓いをしてもらう赤ちゃんの名前を記入します。

お宮参りの服装は?

お宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めての大きな行事ですので
思い出に残る服装と考えているママたちも多いのではないでしょうか?

お宮参りの赤ちゃんの服装は、伝統的には白羽二重の内着を着せて
その上に祝い着をかけます

祝い着は一般的に母方の実家から贈ってもらうことが多く、
地域によっては父方が準備することもあります。
最近では、レンタルをしたり、ベビードレスなどの
洋風スタイルでの参拝も人気となっています。

私も、お宮参りだけでの使用ということもあり
祝い着は購入せず、その分写真館での撮影に重点を置きました。
また、写真館でお宮参り用の撮影を予約したため
祝い着は無料でレンタルをすることが出来たので
神社でも祝い着をかけての記念撮影ができました。

写真館によって様々ですので
事前にレンタルが出来るか確認しておくと良いですよ!

また、両親や付き添いの家族の服装ですが
特に決まったものはありませんが、
写真撮影もするでしょうから、フォーマルなスタイルが望ましいでしょう。
和服という決まりはありません。
ワンピースやスーツでも大丈夫です!

お宮参りで準備することは?

お宮参りは生まれて約1ヶ月の赤ちゃんを
長時間外出させなければなりませんので
スムーズに行えるよう事前に準備をしっかりしておきましょう。

➀神社への予約する

神社で祝詞をあげてもらう場合には
神社への予約をしましょう。

➁記念撮影の準備をする

生まれて初めてのイベントですので
写真館などでの撮影もおすすめです。
混み合うことも考え早めに予約を入れましょう。
撮影では、赤ちゃんの機嫌のいい時間帯を考え
予約を入れることがポイントです。

息子の場合は、初めての場所でなかなか慣れず
泣きそうな顔ばかりでしたが….

当日は参拝だけでも疲れてしまうので
前撮りや後日撮影も良いですね。

➂食事会の場所を準備する

お宮参りの後には、来ていただいた
両親や親せきへお食事会でおもてなしをする家庭が多いです。
レストランや料亭、自宅で食事会を開く場合もあります。
どれが正解ということはありません。
赤ちゃんも生後1ヶ月頃ということもありますので
無理をせず余裕があれば行うという気持ちでいましょう。

レストランや料亭などを予約する際は
幼い赤ちゃんのことを考え、個室がある場所
選ぶと良いでしょう。

自宅で行う場合は、産後のママが用意するのは
大変ですので、お弁当や出前などを用意すると良いでしょう。

私自身、息子のお宮参り後の食事会は
自宅でお祝い用のお弁当を用意しました。
時期をずらしたとはいえ、3ヶ月の息子を連れての外食は
まだまだ授乳や、おむつ替えで大変だと考え
自宅で行いました。神社へ行ったり、写真撮影とあったので
自宅でゆっくりできたのは、息子にとって良かったです。

まとめ

お宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めての行事ですので
形式にこだわりたいと考えてしまいがちですが、
生まれて間もない赤ちゃんですので
無理をしないことが大事です。
当日は、ママも準備や赤ちゃんのお世話で大変ですので
パパや家族に協力してもらいましょう。

ぜひ、素敵な記念日にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする