育児用ミルクはどう選ぶ?牛乳が合わない人におすすめしたい大人のための大人用ミルクも!

赤ちゃんが生まれてから
まず必要になるのがミルクですね。

完全母乳で育てるというママもいるかと思いますが
事情により、ミルクをあげられないママや
母乳の出が落ち着くまでの間にも
粉ミルクは必需品ですね。

今日は粉ミルクについてお話しますね。
最近シニア層に流行りの大人用粉ミルクについても
ご紹介します!

赤ちゃんの粉ミルク

いろいろなメーカーさんから
様々な粉ミルクが販売されていますが、
赤ちゃんの粉ミルクは、
厚生労働省が定めている
「母乳及び乳児用調製粉乳の成分組成と表示の許可基準」
により基準値が設定されているため、品質が保たれているのです。

ですから、どのミルクを選んだとしても
基準となる成分が含まれているので安心して選んであげてくださいね。

結論を言ってしまうと、どのミルクも入っているものに
そんなに違いは無い
ということです。

ただ、若干メーカーさんごとに風味などの
違いはありますので、赤ちゃんの好みが出て来ることもあります。

また、粉タイプやキューブ、スティックになっていたりと、作りやすさなども違います。
特大パックで一括購入するよりも少しずつ試して赤ちゃんに合うのかや、ママも作りやすいかなどを見極めてから購入されると良いと思いますよ。

そのうち、母乳が落ち着いて粉ミルクが必要無くなることもありますからね。

大人も粉ミルクを飲んでいる?

最近、ミルクメーカーさんへのお問い合わせで
「大人でも育児用粉ミルクを飲んで大丈夫なのか?」
というお問い合わせが多いそうです。

また、実際に60代の約2%が育児用
粉ミルクを飲まれている
そうです。

私の周りにも、子供の残りを飲んで
調子が良くなったという話を聞いたり、
義理の祖母は健康維持の為に
粉ミルクを飲み続けています。

もうすぐ90歳になりますが
元気にしています。
やはり粉ミルクのおかげなのでしょうか。

また、EXILEのATSUSHIさんも
育児用の粉ミルクを飲んでいると
TV番組でもおっしゃっていたようですね。

このように、特にシニア層の間では
気軽に必要な栄養素の摂取が出来ると話題になっているそうです。

確かに、生まれたばかりの赤ちゃんが飲んでも安全で、
生まれた時からたった数か月で、
倍以上の体型にもなるミルクの栄養を考えれば
安心して気軽に飲める栄養補給食品という認識なのかもしれないですね。

育児用粉ミルクを大人が飲む場合は注意が必要

育児用粉ミルクを大人が飲む場合は
注意しなければなりません。

日本人の多くは乳糖(ラクトース)を分解酵素の分泌が弱い

これは、人によって個人差がありますが
日本人の95%が乳糖不耐と言われているそうです。

乳糖とは、牛乳などにも含まれている糖質のことで、育児用粉ミルクにも含まれています。

乳糖は体の中の酵素によってブドウ糖などに分解され、体に吸収されていきます。

多くの哺乳類の赤ちゃん、もちろん人間の赤ちゃんも
分解酵素が多く分泌されるために、
粉ミルクにも含まれる乳糖を消化吸収することができます。

ところが、大人になってくると分解酵素の活性が弱まり、
成人期には乳児期の10分の1程にまで減少
してしまうそうなんです。

ですから、大人が粉ミルクを飲まれる際には
乳糖の分解が出来ずにお腹がゴロゴロしたり、
下痢や、腹部の膨満などの症状が現れたりします。

ちなみに、牛乳を飲むとお腹が痛くなるという方は
これが原因のようですよ。

カロリーが高い

育児用ミルクは赤ちゃんが成長するために作られています。
その為、カロリーも高く成人男性の必要量の何倍にもなるそうです。

過剰なカロリーの摂取には注意が必要です。



大人用ミルクの販売もある

大人と赤ちゃんでは必要な栄養素が違います。

成長段階にある赤ちゃんにとってミルクは
完全栄養食として飲ませますが
大人の方々は栄養補助食品として必要とされているのでないかと思います。

最近は「大人用の粉ミルク」が販売されています。
乳児用粉ミルクから脂質を抜いて、
大人が不足しがちな栄養を加えてバランス良く調整しています。

大人用ミルクは、育児用粉ミルクを
飲まれている方の声を元にして、
カルシウム、ビフィズス菌、シールド乳酸菌、
ラクトフェリン、中鎖脂肪酸、鉄などの成分を配合して作られました。

もし、栄養補助食品として必要なのであれば
大人用のミルクを飲まれることをおすすめします。

おすすめ大人用粉ミルク

救心製薬株式会社 大人の粉ミルク ヨーグルト風味

大人用の粉ミルクとして最も早く発売されました。
主な特徴は「骨」の形成に必要な栄養素をプラス。
骨粗しょう症予防になる素材を配合しているのです。

また、牛乳に含まれるカゼインが
含まれていない
ということです。

牛乳アレルギーの多くの原因は
このカゼインが原因となっているのです。

アレルギーがあり、牛乳を飲めないという人にも
安心して飲むことができますね。

そして、乳糖(ラクトース)を可能な限り
除去
していますので日本人には多いと言われている
乳糖不耐症の方にも優しく作られています。

「大人のミルク」は国が表示の許可を
している「栄養機能食品」となっています。

雪印ビーンスターク プラチナミルク フォー バランス やさしいミルク味

雪印ビーンスタークさんは、
赤ちゃん用品で知っているというママが
多いのではないでしょうか。

哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんが
ビーンスタークの哺乳瓶なら飲んだという話も多々聞きました。

もちろん粉ミルクに関しても
栄養や母乳の研究を続け
粉ミルクの製造は半世紀にもなります。

母乳や粉ミルクの研究から生まれた
大人のための粉ミルクは
11種類のビタミン、8種類のミネラル、
たんぱく質、DHAなどが配合
されています。

快眠やストレスを緩和するトリプトファンも配合されているので
眠れない夜にはおすすめです。

まとめ

今回は、育児用ミルクと大人用ミルクについてお伝えしました。
育児用ミルクは赤ちゃん用に開発された特別なミルクです。

また、大人用のミルクには育児用ミルクの
良い部分を残し、大人には不要なものを除去して
さらに必要な栄養がプラスされているのです。

どちらも、うまく取り入れて行けると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする