子供の日とは オリジナル手形アートでお祝いしましょう

新学期も始まり、なれてきたと思ったら
ゴールデンウイーク。

そして「こどもの日」ですね。

あなたは、子供の日について聞かれて
何て答えますか?

今日は、子供の日について、
簡単にお伝えします。

そしてこの日にちなんで
手作りアートを楽しんじゃいましょう!

こどもの日とは

こどもの日は、端午の節句や菖蒲の節句とも言われ
昔からこどもの成長を願い、よろいや、かぶと、こいのぼりを飾ったり、
縁起の良い食べ物を食べてこの日をお祝いをしてきました。

ちなみに、節とは季節の変わり目ののことを言い
中国ではこの5月の雨季に入る季節の変わり目に
病気をしやすいことから厄除けをする風習があり、
その風習が日本にも伝わり、様々と変化して
今の形になりました。

よろいや、かぶとを飾るのはなぜ?


よろいや、かぶとを飾るのは
武士の社会で生まれた風習です。

男の子の赤ちゃんが生まれると
よろいや、かぶとを神社に奉納して
身の安全や成長を祈願したことが始まりです。

今では、よろいやかぶとが病気や災いから子供を守ってもらえるよう、
健やかな成長を祈願して飾られるようになりました。

こいのぼりをかざるのはなぜ?


こいのぼりは江戸時代に町人の間で広まりました。

鯉はとても生命力の強い魚です。

「黄河(こうが)の上流に龍門(りゅうもん)があり、
ここをのぼることができた鯉(こい)は龍(りゅう)なることができた」
という中国の伝説から、子どもがどんな環境にも生き抜き
立派に成長するようにとの願いが込められ、
こどもの日に飾られるようになりました。



手形アートでこどもの日を祝おう

こどもの日は、子供の健やかな成長を祝う日。
手形アートで成長の喜びを祝いましょう!

【材料】
  • 画用紙
  • 色画用紙
  • 手形用のスタンプ
  • クレヨン
  • お手拭きなど手形を押した後に拭くもの

【作り方】

回転球の部分は手形をとります。
ポール部分は色画用紙を細長く切ります。
(味がでるように今回は手でちぎりました。)
鯉の部分は足形をとります。うろこはクレヨンで書きます。
目は画用紙を丸くちぎり貼りつけ、黒目をクレヨンで書きます。

うろこをシールや画用紙などに変えたり、指先でポンポンと絵具を乗せて作っても良いですね。

【材料】
  • 画用紙
  • 手形用のスタンプ
  • はさみ
  • クレヨン
  • お手拭きなど手形を押した後に拭くもの

【作り方】
画用紙にかぶとを書きます。
別の画用紙に足形を取り、はさみで切り取り
かぶとに貼ります。

クレヨンで屏風を書いてもかわいいですよね。

まとめ

今回は、こどもの日についてお話しました。
そして簡単に作れる手形アートをご紹介しました。

この機会に我が子の成長を
手形アートに残してみませんか?

この時の子どもの身長や体重などを
入れておいても良いですよね。

こどもの日は古くから男の子の日として
男の子がいる家庭ではかぶとや、こいのぼりを飾って
祝われて来ましたが、現代では男女に関係なく
女の子のご家庭でもこいのぼりを飾ったり
保育園や幼稚園などでは工作でかぶとを作ったりしています。

こどもの健やかな成長を祝う日。
あなたも、この日に改めてお子さんの成長を
噛みしめてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする